bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ウィルコム、次世代PHSの実現に向けて2.5GHz帯の免許申請

ウィルコム
ウィルコム、次世代PHSの実現に向けて2.5GHz帯の免許申請
本日、ウィルコムが総務省に2.5GHz帯を利用した次世代高速無線通信の免許を申請しました。

ウィルコムでは、2.5GHz帯を利用して通話の高音質などの特徴をそのままにデータ通信速度を上り、下りともに最大20Mbps以上まで引き上げた次世代PHSを全国で展開する予定。

残すはアッカとNTTドコモのみ。

ウィルコムが申請したことにより、残されたのはアッカとNTTドコモとなりました。なお、アッカとNTTドコモは、共同でモバイルWiMAXの免許取得に向かうと発表しています。

個人的には次世代PHSは日本独自のものですし、とても面白いと思うので是非実現して欲しいのですが、業界の活性化を考えると携帯電話事業者に割り当てるのも良いのではないかと思ったりもします。
プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュース、レビューを報じるブログメディア主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhone SE

2018/07/19
LINEモバイル、「iPhone SE」の販売開始。価格は30,800円から

スマホアプリ

2018/07/19
最大1,000円オフ、ドラゴンクエストVII・VIIIの期間限定セールが開催中

インスタグラム

2018/07/18
インスタグラム、新しい2段階認証を近くリリース。SMS・電話番号不要に

iPhoneの噂・最新情報

2018/07/17
新型iPhone、3モデルの画面パーツ流出。すべて顔認証「Face ID」に
Recommendこんな記事も読まれています