Android 11、背面ダブルタップでスクショが可能に?

bio
Yusuke Sakakura

Android 11、背面ダブルタップでスクショが可能に?

Googleがデベロッパープレビュー版の「Android 11」をリリースした直後に、背面をダブルタップすると特定の機能にアクセスできる新しいジェスチャー機能が発見された。

コードネーム“コロンブス”と付けられたこの機能を利用すれば、タイマーの終了やアラームのスヌーズ、Googleアシスタントの起動ができることがわかっていたが、先日リリースされたプレビュー2でスクリーンショットやアプリの切り替え画面にもアクセスできることが判明した。

電源ボタン+ボリュームボタンからの解放

XDA-Developersによれば、デベロッパープレビュー2のAndroid 11でコロンブスの誤動作を減らす改良が行われ、新しいアクションも追加されたという。

新しいアクションはスクリーンショットの撮影とアプリスイッチャーへのアクセスだ。これによって背面をダブルタップするだけでスクショを撮ったり、アプリを切り替えることができる。

誤動作を減らすコードから少なくともPixel 3 XL、Pixel 4、Pixel 4 XLでの動作を保証するようだが、上記の動画はPixel 3a XLで操作したもので以前はPixel 2 XLで動作することを確認したという。

コロンブスは、加速度センサーとジャイロスコープによって背面のダブルタップを検知して特定のアクションを実行する。空中ジェスチャーの「モーションセンス」のように特別なハードウェアを必要としないため、多くのデバイスで使える可能性がある。ケースの装着で使えなくなる、といったこともなさそうだ。

スクリーンショットはメーカーによって操作方法がバラバラで両手を必要とする場合もあるため、背面のダブルタップでカンタンに撮影できる新しいジェスチャーは非常に嬉しい。

なお、消費電力を抑えたり、不要なトリガーを減らすために、画面がオフの時やロック画面が表示されている時、カメラを起動している時など特定の状況下においては動作しないという。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています