Android Q、iOSの3D Touchのような“深くプレス”操作が可能に

bio
Yusuke Sakakura

Android Q、iOSの3D Touchのような“深くプレス”操作が可能に

開発者向けのAndroid Developersサイトで公開されているドキュメントからユーザーのタッチ操作を取得する“MotionEvent”に「Deep press」が追加されることがわかった。

「Deep Press」は、ディスプレイを強くタッチする新しい操作方法で長押しよりもクイックに操作できるという。カンタンに言えばiPhoneの3D Touchにそっくりな機能がAndroid Qで追加されることになる。

長押しよりもクイックに操作できる新しい「Deep Press」

Appleによれば、iOSの3D Touchは指による圧力の微細な変化を測定するために設計された容量性センサーをディスプレイに組み込むことで実現しているそうだ。圧力差も検出することで押した強弱も正確に区別できる。

Android Qで追加される「Deep Press」はハードウェアの変更が必要なのか、OSをアップデートするだけですべてのデバイスで利用できるのか、3D Touchのように圧力差まで検出できるのかは不明だ。

Androidユーザーは知ってのとおり、2017年8月にリリースされたAndroid 8.0 Oreoで3D Touchのような操作が追加されている。ホームアプリでアプリのアイコンを長押しすれば一部の機能をショートカット的に呼び出すことができるが、「Deep Press」で一体何がかわるのか。

9to5Googleは「Deep Press」の追加によって操作感が3D Touchに近づくとしている。ペイントアプリやリタッチアプリでも検出が可能ならばよりクオリティの高いアプリも開発されそうだがどこまで汎用性があるか不明だ。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています