bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Anker、フルワイヤレスイヤホン・ポータブル電源・モバイルプロジェクタなど新製品を多数発表

スマホのアクセサリ・グッズ

11月29日、人気のガジェットブランドAnkerが「Anker Power Conference – ‘18 Autumn」を開催し、今冬に登場予定の新製品を多数発表した。

Anker PowerPort Atom PD1

Anker PowerPort Atom PD1

次世代パワー半導体素材「GaN」(窒素ガリウム)を採用した第1弾のUSB急速充電器として「Anker PowerPort Atom PD1」が発売される。

エネルギーロスが少なく、発熱が低く抑えられる「GaN」を採用することによって4cm四方の超コンパクトサイズを実現。肝心のパワーはUSB PDに対応するUSB-Cポートから最大27W出力が可能。MacBookをはじめとするあらゆるUSB-C対応デバイスを充電できる。

発売日は2019年第1四半期、販売価格は未定。

スペック

サイズ約38x41x35mm
重さ約65g
出力5V=3A
9V=3A
15V=1.5A
20V=1.1A
※同時使用の場合は2ポート合計で15W
ポート数USB-C x 1
価格未定

Anker PowerCore Fusion 10000

PowerCore Fusion 10000

大ヒットしたモバイルバッテリーとUSB急速充電器を1台でこなす2in1デバイスの新型モデル「PowerCore Fusion 10000」が登場する。

USB-Aに加えて新たにUSB-Cポートを搭載することで対応デバイスをダイレクトに充電可能。バッテリー容量は倍増の10,000mAhになったことでiPhone XSを3回、その他のスマートフォンを約2回以上フル充電できるなど大幅に強化されている。

発売日は2019年第1四半期、販売価格は4,999円。

スペック

サイズ約80x76x45mm
重さ約235g
出力USB-Aポート: 5V=2.4A
USB-Cポート: 5V=3A
※同時使用の場合は2ポート合計で15W
ポート数2(USB-A x 1、USB-C x 1)
バッテリー10,000mAh
価格4,999円

Anker PowerHouse 200

キャンプ、緊急・災害時バックアップ用電源として話題となった「PowerHouse」にも新型モデルが登場する。

PowerHouse 200の最大の特徴は、従来のモデルに比べて軽量かつコンパクトサイズになったこと。MacBook Proを5回以上、スマートフォンを12回以上充電できる57,600mAhの超大容量バッテリーを搭載しながら、2.7kgの軽量ボディとなった。

新たにUSB-Cを搭載するなど4種類の出力方法が選べる。USB-Cは最大30WのUSB PDをサポートするため、急速充電が可能だ。

発売日は2019年第1四半期、販売価格は39,800円。

スペック

サイズ約190x139x120mm
重さ約2.7kg
出力DC: 12V=5A
AC: 110V=1.09A
USB-A: 5V=3A
USB-C: 5V=3A、9V=3A、15V=2A、20V=1.5A(USB PD)
※USBポート合計で最大30W出力
ポート数5つ
シガーソケット x 1、AC電源 x 1、USB-Aポート x 2、USB-Cポート x 1
バッテリー57,600mAh
価格39,800円

Soundcore Model Zero

オーディオブランド「Soundcore」からはハイレゾ対応の防水ワイヤレススピーカー「Soundcore Model Zero」が登場する。

“美しさと高音質の徹底追求”を目指したSoundcore Model Zeroは、インテリアとしてもアクセントになる特徴的なデザインを採用。

肝心のサウンドはオーディオファンの信頼も厚いScan-Speak社設計のドライバを4つ搭載する。スピーカーの出力は最大60Wで力強いサウンドを実現し、幅広いジャンルの音楽を高音質で楽しめる。

さらに、最大10時間の連続再生やIPX5の防水にも対応するなど高い利便性を誇る製品だ。

発売日は12月4日、販売価格は19,800円。

スペック

サイズ約256x128x240mm
重さ約3.9kg
使用時間最大10時間
Bluetooth5.0
防水IPX5
価格19,800円

Soundcore Liberty Air

フルワイヤレスイヤホンシリーズの「Soundcore Liberty」シリーズに、新型モデルLiberty Airが追加される。

AppleのAirPodsライクなデザインを採用したボディは、これまで以上に薄型&コンパクトながら本体は最大5時間、充電ケース使用時は最大20時間の連続再生が可能。高性能なノイズアイソレーション(イヤーチップによって周囲の音を遮断、音漏れを防止する)機能によって遮音性を高めて圧倒的な没入感を実現する。

本体はIPX5の防水性能に対応。カナル型で耳から抜けにくいため運動時でも使用できる設計になっている。カラーはブラックとホワイトの2色展開。

発売日は2019年第1四半期、販売価格は7,999円を予定している。

スペック

重さ約60g(充電ケース含む)
使用時間最大20時間(充電ケース使用時)
Bluetooth5.0
防水IPX5
価格7,999円

Eufy RoboVac 30C

家電ブランドの「eufy」からは、ロボット掃除機の最上位モデル「Eufy RoboVac 30C」が登場する。

厚さ7.2cmの薄型設計ながら、最大1500Paの吸引力を実現。フローリングやカーペット、畳など床に合わせて吸引力を自動調整するBoostIQテクノロジーにも対応する。スタミナは最大100分の連続稼働が可能。境界線のテープを使用することで掃除する範囲を自由に決めることも可能だ。

さらに、シリーズ初のWi-Fiをサポートする。専用アプリから掃除の開始・終了などスケジュールを設定したり、モード変更が可能になっている。

発売日は11月30日、販売価格は34,800円を予定している。

スペック

サイズ約325x325x72mm
ダスト容量0.6L
使用時間標準: 最大100分
BoostIQ(カーペット): 約60分
充電時間約300〜360分
価格34,800円

Anker Roav DashCam C2 Pro

ドライブレコーダー・カーチャージャーのROAVからはシリーズ最上位モデルの「Anker Roav DashCam C2 Pro」が登場する。

夜間でも正確にナンバープレートを撮影できるNightHawkテクノロジーや広い画角で撮影できる130°の広角レンズといったこれまでの強みに加え、夜間の撮影に強い最先端のSony Starvis CMOSセンサーを搭載することでこれまで以上に鮮明な映像を記録する。

シリーズ初のGPSを搭載することで撮影時のルートや速度なども記録可能に。撮影した映像はスマートフォンでカンタンに確認できる。

発売日は2018年12月下旬、販売価格は13,800円を予定している。

スペック

サイズ約150x13x45mm
カメラ130°広角レンズ
1,920x1,080(30fps)
ディスプレイ3.0インチ
価格13,800円

Anker Nebula Capsule II

モバイルプロジェクターのNebula Capsuleからはクラウドファンディングで3500人以上のバッカーから目標額の約30倍以上となる1.7億円以上を集めている「Anker Nebula Capsule II」が登場する。

これまでに発売されたモバイルプロジェクターとの大きな違いはAndroidではなく、世界初のAndroid TVを搭載していること。これにより3600以上のAndroid TVアプリを楽しめる。

明るさは30%以上も向上。Scan-Speak社設計のドライバーを搭載することでより鮮明かつ高音質を実現。テレビにも変わりうる新しいエンターテイメントを体験できる。

発売日は2019年第2四半期、販売価格は未定となっている。

スペック

サイズ約150x80x80mm
重さ約680g
出力200ANSIルーメン
1,280x720ピクセル
使用時間3時間以上
Bluetooth4.2
価格未定

Amazon.co.jpで確認する

Anker公式オンラインストアで確認する

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

キャッシュレス

2018/12/17
Origami Pay(オリガミペイ)の使い方を解説 始め方・使えるお店・支払い方法など

LINE Pay

2018/12/17
LINE Pay(ラインペイ)の始め方 カードの使い方やチャージ、支払いまで全まとめ

LINE Pay

2018/12/16
LINE Pay(ラインペイ)の使い方 QRコード支払いや割り勘も

LINE Pay

2018/12/16
LINE Pay(ラインペイ)でチャージする方法 コンビニやATM・銀行振込でも
Recommendこんな記事も読まれています