bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Apple、iOSとmacOSは統合しないと明言。アプリの移植はカンタンに

iOS

Apple、iOSとmacOSは統合しないと明言。アプリの移植はカンタンに

ここ数年iOSとmacOSが統合されるとの噂は絶えないがAppleは2018年6月5日に開催した「WWDC18」の基調講演で「iOSとmacOSを統合することはない」と明言した。一方、iOSアプリをMacでも起動できる計画やサードパーティーの開発者がiOSアプリをMacにかんたんに移植できるフレームワークを提供することを明らかにした。

「macOS for UIKit」を2019年に公開

Apple、iOSとmacOSは統合しないと明言。アプリの移植はカンタンに

Appleのクレイグ・フェデリギはWWDC18の基調講演にてiOSアプリをMacでも起動できるよう今後数年にわたって段階的にプロジェクトを進めていくと明らかにした。まずは、今年秋に配信される「macOS Mojave 10.14」でNews、株価、ホーム、ボイスメモといったiOS専用アプリがMacでも利用可能になり、2019年にはサードパーティの開発者も同様にiOSアプリをMacで起動できるようになる予定だ。

Apple、iOSとmacOSは統合しないと明言。アプリの移植はカンタンに

現在もiOSアプリとMacアプリの両方を提供する開発者は存在するが、作業量が膨大になることは容易に想像がつく。特に悩まされるのはスマートフォンとPCで大きく異なるインタフェースだ。iPhoneだけでも画面サイズや操作方法が異なり、さらにキーボードやマウスなどが増えるMacもとなれば開発者でなくともどれほどの苦労があるかは理解できるはず。

AppleはiOSアプリからMacアプリへの移植作業の負担を軽減するため、現在、iOSが採用するインターフェースのフレームワーク「UIKit」のmacOS版となる「UIKit for macOS」を導入・提供することを明らかにした。

Apple、iOSとmacOSは統合しないと明言。アプリの移植はカンタンに

このフレームワークによってトラックパッドやマウス、ウィンドウのリサイズ、スクロールバー、コピーアンドペースト、ドラッグアンドドロップのサポートが可能になり、iOSアプリがMacでも問題なく動作するようになる。フレームワークの詳細はまだ明かされていないため、どこまでの負担が軽減されるかはわからないが期待する開発者は多いだろう。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

スマートスピーカー/スマートディスプレイ

2018/08/19
Google、自社製の「スマートディスプレイ」を2018年末に発売か

Googleニュース

2018/08/19
Google、新型Chromecastを今秋発売へ。ゲームコントローラーなどサポートか

Kindleセール情報

2018/08/19
199円均一、Kindleストアで「幻冬舎のオススメ教養書」セール開催中

Kindleセール情報

2018/08/19
最大65%オフ、Kindleストアで「夏休みKADOKAWAガンダムコミックフェア」が開催中
Recommendこんな記事も読まれています