新型「Apple Watch Series 4」、高解像度のSuper Retinaディスプレイを搭載か

bio
Yusuke Sakakura

新型「Apple Watch Series 4」、高解像度のSuper Retinaディスプレイを搭載か

Photo by Ben Geskin

間もなく発表される「Apple Watch Series 4」は、画面サイズが約15%も大型化したベゼルレスディスプレイが搭載されると噂されているが、画面の解像度はさらにRetina化が進むようだ。

「Apple Watch Series 4」の解像度は384 x 480ピクセルに?

Apple Watch Series 4のマーケティングイメージを流出させたiOSデベロッパーのGuilherme Rambo(@_inside)によれば、間もなく発表される「Apple Watch Series 4」の画面解像度は384 x 480ピクセルになるとのこと。

これまでの噂によれば「Apple Watch Series 4」は、1.57インチ(39.9mm)と1.78インチ(45.2mm)の2種類のディスプレイサイズがラインナップされるようだが、Ramboが明らかにした解像度はどちらのサイズのものかを明かしていない。ただし、現行モデルは38mmモデルが272 x 340ピクセル、42mmモデルが312 x 390ピクセルのため、いずれにしても大幅な高解像度化が実施されることになる。

Apple Watchのディスプレイは既に“Retina”を名乗っているため、Apple Watch Series 4に搭載されるディスプレイは、iPhone 8シリーズと同じ“Retina HD”またはiPhone Xシリーズと同じ“Super Retina”を名乗るかもしれない。ベゼルレスの有機ELということを考えるとSuper Retinaディスプレイが妥当だろう。

日本時間9月13日午前2時から開催されるスペシャルイベント『Gather Round』では、Apple Watch Series 4に加えて、「iPhone XS」など全3機種の新型iPhone、フルベゼルレスディスプレイと顔認証「Face ID」に対応した新型iPad Proの発表が確実視されている。

なお、10月にはもう一度スペシャルイベントが開催され、4年ぶりの新型モデルとなるMac miniが発表されるとの噂がある。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています