bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Apple、Siri搭載ホームデバイスの発表が予想される「WWDC」のアプリをアップデート

スマホアプリ

Apple、Siri搭載ホームデバイスの発表が予想される「WWDC」のアプリをアップデート

Appleが現地時間6月5日から開始する開発者向けのイベント「WWDC」の公式アプリをバージョン6.0.0にアップデートした。

アップデートによって今年のセッションスケジュールや開催場所が確認できるようになった。テーマ別に分類されたセッションビデオも視聴できる。新たに追加されたVenueでは会場の地図を確認したりイベントの変更情報などを通知で受け取ることができる。

Apple、WWDCでSiri搭載ホームデバイスを発表か

日本時間の6月6日午前2時から開催されるキーノートでは例年どおり「iOS 11」など次期OSが秋の配信に先駆けて先行発表される可能性が高い。いつもどおり主要な機能が発表され、イベント終了後にはデベロッパー向けにベータ版がリリースされるはずだ。

次期OS以外では新製品の発表も噂されている。過去には次期iPhoneも発表されていた。しかし、WWDCはあくまでも開発者向けのイベントで2013年のMac Proを最後にハードウェアは発表されていない。iPhoneが発表されていた当時も今のような絶対的なシェアはなく、アプリも不揃いで開発者の目をiOSに向けさせる目的からWWDCで発表されていたが今はその役目を終えている。

にも関わらず、毎年WWDCで新製品が発表されるのではないかと報告されている。今年は10.5インチのiPadやMacBookなどが噂されているが、開発者に大きく関係しないものは発表されない可能性が高い。そういったことを考えればかねてから噂されるSiri搭載のホームデバイスが発表される可能性はあるかもしれない。

Google Home

日本でも発売される「Google Home」

Amazonがスマートスピーカー「Amazon Echo」を2014年に発表してから続々とホームデバイスが投入されている。Googleは昨年「Google Home」を発表。日本でも今夏以降に発売される予定だ。LINEも日本と韓国で今夏発売すると案内している。そういう流れの中でAppleがやや遅れてホームデバイスを投入、そこにSiriを搭載するのは自然な流れだ。

ただし、ホームデバイスを発表してもそこで動くものがなければ役に立たない。Appleで言えばHomeKitの対応製品がそれに当たるが、まだまだ数は少なく、開発者や家電メーカーにアピールする必要があるだろう。アピールの場はWWDCが最適ではないだろうか。

WWDC
無料

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

NTTドコモ

2018/08/20
「dアカウント」で2段階認証を設定・解除する方法

LINE

2018/08/20
LINE、アップデートでプロフィール画面を大幅リニューアル

スマートスピーカー/スマートディスプレイ

2018/08/19
Google、自社製の「スマートディスプレイ」を2018年末に発売か

Googleニュース

2018/08/19
Google、新型Chromecastを今秋発売へ。ゲームコントローラーなどサポートか
Recommendこんな記事も読まれています