スマホ決済の利用増加もタッチ決済は減少。iD、モバイルSuica、楽天Edyが3強

bio
Yusuke Sakakura

スマホ決済の利用増加もタッチ決済は減少。iD、モバイルSuica、楽天Edyが3強

MMD研究所が「2021年7月スマートフォン決済(非接触)利用動向調査」を実施し調査結果を発表した。

iDやモバイルSuicaなど、スマートフォンを専用リーダーにタッチして支払いができるスマートフォン決済(非接触)を「現在利用している」と答えたのは8.8%となった。

PayPayなどQRコード決済を含めたスマホ決済全体の普段利用が伸びるなかで、タッチ決済は前回および前々回の調査から減少が続いている。

スマホのタッチ決済は利用減が続く

18歳〜69歳の男女45,000人を対象にして「2021年7月スマートフォン決済(非接触)利用動向調査」が2021年7月1日〜7月5日に実施された。

調査結果によると、スマートフォンの非接触決済の認知・利用状況について「現在利用している」と答えたのは8.8%で、前回調査の1月から0.8ポイント減少し、1年前の前々回調査からも3.9ポイントの減少となった。

スマートフォンの非接触決済の認知・利用状況

なお、同時期の調査において、QRコード決済を含めたスマホ決済全体の普段利用は52.1%を記録。1年前の前々回調査から14.3ポイントも増加する一方で、タッチ決済の利用が減少したことになる。スマホ決済の伸びはQRコード決済が支えているようだ。

2021年7月2021年1月2020年7月
現在利用している8.8%9.6%12.7%
利用したことはあるが、現在は利用していない13.9%13.0%8.1%
利用を検討している(利用したことはない)5.5%5.3%5.4%
だいたいどんなものか分かるが、利用したことはない20.2%19.8%20.0%
いくつかのサービス名称は分かるが、内容は知らない12.6%13.1%13.1%
非接触決済という言葉は聞いたことがあるが、サービス名称・内容はよく知らない20.5%20.9%20.3%
全く知らない18.5%18.2%20.4%

楽天EdyをiDとモバイルSuicaが上回る

最も利用しているスマートフォンの非接触決済サービスは、24.4%で「iD」がトップ。前回調査でトップだった「楽天Edy」は22.4%で3位にダウン。「モバイルSuica」も23.1%で楽天Edyを上回った。「Visaのタッチ決済」も前回の3.7%から数字を伸ばしている。

最も利用しているスマートフォンの非接触決済サービス

最も利用しているサービスの利用開始時期については「覚えていない」を除いて、「2016年12月以前」が19.3%で最多、次いで10.6%の「2021年1月以降」となった。

最も利用しているスマートフォンの非接触決済サービスの利用開始時間

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています