bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

DMM mobile、値下げで全プラン最安を維持――ぷららに即対抗

DMM mobile

DMM mobile、7GBのプランを値下げで全プラン最安を維持――ぷららに即対抗

業界最安を掲げる格安SIMサービス「DMM mobile」は、データ量を7GBに設定したプランを値下げすることを発表しました。

先日、ぷららモバイルLTEがこれまでデータ量を3GBに設定していたプランを料金据え置きでデータ量を7GBまで大幅増量することを発表して大々的に「業界最安値」と打ち出していましたが、DMM mobileが再び最安値で提供することになります。

DMM mobile、7GBプランを160円値下げ。5月利用分から適用

DMM mobileが値下げを行うのは、データ量が7GBに設定された「データSIMプラン」と「データ通話プラン」の2つのプラン。

全プラン業界最安値を打ち出した2015年3月には、データSIMプランを2,040円、データ通話プランを2,740円に値下げすることを発表していましたが、今回のさらなる値下げにより、それぞれ、1,880円、2,580円まで値下げされることになります。

この値下げによって、ぷららモバイルLTEが提供する料金に比べて、いずれも6円安くなり、再びDMM mobileが全プラン業界最安値となります。

値下げ前値下げ後値下げ幅
データSIMプラン2,040円1,880円-160円
データ通話プラン2,740円2,580円-160円

また、ぷららモバイルLTEは改定後のプランの受付を5月25日より開始しており、既存の契約者向けには6月1日よりデータ量の増量を適用するとしていますが、DMM mobileは、今回の値下げを即日提供し、既存の契約者向けにも5月利用分から新しい料金を適用すると発表しています。

DMM mobile」のユーザーとしては、他社が最安値を発表してからたったの3日後の発表、さらに翌月からではなく、当月から適用されるという、とてつもない早さでの対抗と値下げの適用は嬉しいところ。今後も期待できそうです。

一方で業界最安値として打ち出したものの、業界最安値で提供できなかったぷららモバイルLTEはちょっと気の毒ですね・・・

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

スマホアプリ

2019/04/25
任天堂、新作アプリ「マリオカートツアー」のテスト参加者を募集

PayPay

2019/04/25
PayPay、月替りでおトクなキャンペーン「ワクワクPayPay」を6月から実施〜LINE Payに対抗

PayPay

2019/04/25
PayPay、還元率を6倍の最大3%にアップへ。新しいくじ「PayPayチャンス」も

AirPods

2019/04/25
AirPods 3、新デザイン採用で早ければ2019年末に発売か
Recommendこんな記事も読まれています