bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

更新:Gmail、iOS 14のデフォルトアプリに対応

iOS 14

更新:Gmail、iOS 14のデフォルトアプリに対応

Googleがウェブブラウザ「Chrome」、メールアプリ「Gmail」、検索アプリ「Google」のiOS 14対応を発表した。

すでにChromeはデフォルトアプリに設定可能。22日に公開された最新版でGmailもデフォルトアプリに設定可能になった。また、Googleアプリは今日から新機能ウィジェットに対応する。

今後数週間のうちにより多くのGoogleウィジェットが登場

iOS 14でついにデフォルトアプリが解禁され、サードパーティアプリをデフォルトに設定できるようになった。

Googleのウェブブラウザ「Chrome」はいち早くデフォルトアプリに対応しており、閲覧履歴や最近使ったタブ、ブックマーク、パスワードなどの同期機能が有効になるため、MacやWindows PCでChromeを使っている場合は利便性が大きく上がる。

iOS 14ではウェブブラウザのSafariに加えてメールアプリもデフォルトを解除することが可能だが、22日に公開された最新バージョンの6.0.200825でGmailもデフォルトアプリに設定可能になっている。予約送信や送信取り消し、機械学習を活用した返信文の自動作成機能「スマート作成」(日本語非対応)、受信したメールの内容にもとづいて返信文の候補を表示する「スマートリプライ」といった機能がより手軽に利用できる。

Googleアプリがウィジェットに対応

Googleアプリがウィジェットに対応

Googleアプリはアプリを起動せずに便利な情報をひと目で確認できる「ウィジェット」に対応した。

Googleアプリのウィジェットでは、ホーム画面から素早くGoogle検索を利用したり、カメラを使った検索機能「Googleレンズ」、音声検索、プライバシーに配慮したシークレットモードによる検索が利用できる。

また、Googleは今後数週間のうちにより多くのGoogleウィジェットが登場すると予告している。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

SIM関係

2020/10/21
総務省、eSIM普及で携帯料金値下げか。値下げ効果に大きな疑問

iPhone 12

2020/10/21
iPhone 12 Pro/Maxのバッテリー容量も判明

iOS 14

2020/10/21
iOS 14.1が公開。ウィジェットなど多数の不具合が修正

iPhone 12

2020/10/20
iPhone 12、画面割れの修理費用は3万円
Recommendこんな記事も読まれています