Google、URL短縮サービス「goo.gl」の提供を終了

Googleニュース

Googleの短縮URL「goo.gl」がサービス終了

3月31日、GoogleがURL短縮サービス「Google URL Shortener」の提供を予告どおり終了した。

「Google URL Shortener」は、URL短縮サービスの先駆けとして2009年にリリース。URLの文字数を短縮してカンタンに共有できるだけでなく、URLのクリック数、どこからクリックされたのか、クリックしたブラウザ・地域・プラットフォームなども計測できるサービスだった。

GoogleはBitlyやOw.lyの利用を推奨

Google URL Shortenerのサービス終了前に作られた短縮URLはこれまでどおり動作する。サービスが終了した途端にリンクが機能しなくなるということはなく、作成済みの短縮URLの情報をコンソールからエクスポートすることも可能だ。

Googleは、Google URL Shortenerの終了に伴い、ユーザーのプラットフォームを自動で検出してウェブまたはアプリに適切にユーザーを誘導できる「Firebase Dynamic Links」への移行を推奨している。

ただ、誰でも手軽に利用できたGoogle URL Shortenerに対して「Firebase Dynamic Links」は開発者向けのサービス。これまでのようにカンタンに短縮URLを作ることはできない。

手軽に短縮URLを作りたい場合はBitlyOw.lyなどの利用が推奨されている。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhone 12

2021/04/11
iPhone 12 mini/SE2、“11”よりも売れず。最も売れたスマホトップ5圏外に

セール

2021/04/10
5,000円オフ+カバーも無料、Fire HD 10 タブレットがセール

Pixelの噂・最新情報

2021/04/10
Pixel 5a 5Gの発売日は8月〜9月。発売中止をGoogleが否定

iPhoneの噂・最新情報

2021/04/09
iPhone 13、リフレッシュレート120Hzでも電池長持ち?
Recommendこんな記事も読まれています