Google+のサービス終了日は4月2日に。コンテンツの削除も同日から

Googleニュース

Google+のサービス終了日は4月2日に。コンテンツの削除も同日から

現地時間1月30日、Googleは同社が提供するソーシャル・ネットワーキング・サービス「Google+」における一般向けサービスを2019年4月2日に終了すると発表した。

2月4日からはGoogle+ページの作成など不可に

昨年10月、GoogleはGoogle+で最大50万人の個人情報が流出した事実と共に、Google+があまり使われていない(ユーザーの90%のセッションは5秒以下である)ことからサービスを終了すると発表した。

サービスの終了を前にユーザーがGoogle+にアップしたコンテンツを手元にデバイスにダウンロードできるツールを提供した後、2019年8月に完全に終了すると案内されていたが、新たに公開された情報によれば、現地時間2月4日からはGoogle+のプロフィール/ページ/コミュニティ/イベントが作成できなくなる。

さらに、4月2日からはGoogle+のアカウントやページがシャットダウンされ、一般向けのGoogle+アカウントにアップされたコンテンツの削除が開始される。

削除されるのはGoogle+のアルバムアーカイブに保存された写真と動画、そしてGoogle+のページだ。削除されるコンテンツの保存方法はヘルプページで詳しく解説されている。

コンテンツは数ヶ月かけて順次削除されるため部分的にコンテンツが残る場合があり、Googleは4月までにコンテンツを保存することを推奨している。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

楽天モバイル

2021/03/09
楽天モバイルが300万契約突破。1年間無料キャンペーンは4月7日まで受付

アンケート・調査結果

2021/03/09
携帯シェア、格安SIMが初の減少。楽天モバイルが急成長

Android

2021/03/09
Android 11、米国でのシェアは20%以上。日本はわずか6%

iOS 14

2021/03/09
iOS 14.4.1が配信開始。メモリ破損の脆弱性を修正
Recommendこんな記事も読まれています