できない?iPadとMacのユニバーサルコントロールの設定方法と使い方まとめ

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2022/03/23 16:04

できない?iPadとMacのユニバーサルコントロールの設定方法と使い方まとめ

Appleが3月に公開したiPadOS 15.4とmacOS Monterey 12.3にて、待望の新機能「ユニバーサルコントロール」を追加しました。

Macに接続しているキーボードとマウスでiPadを操作できるほか、iPadのMagic Keyboardに付いているトラックパッドやキーボードを使ってMacを操作することも可能です。

ユニバーサルコントロールの使い方はとても簡単、なはずですがベータ版ということもあって、自分のMacとiPadでは設定がうまくいかず動作しませんでした。対処方法をいくつか発見したので紹介しましょう。この記事ではユニバーサルコントロールの機能内容や設定方法、使い方をまとめています。

目次

ユニバーサルコントロールとは?

ユニバーサルコントロールとは?

ユニバーサルコントロールは、1つのキーボードやマウス、トラックパッドを使ってMacとiPadを操作したり、デバイス間で写真をコピーできる機能です。

ミラーリングやMacの作業領域を拡張できるサイドカーと違って、ユニバーサルコントロールは入力デバイスをMacとiPadで共有するだけなので、iPadのディスプレイではiPadOSのアプリケーションを、MacのディスプレイではmacOSのアプリケーションが動作します。

ユニバーサルコントロールのメリットは、マウスやキーボードからできるだけ手を離さずに作業できることと、デバイスごとにマウスやキーボードを用意する必要がないことです。iPadで快適な文字入力ができる「Magic Keyboard」は34,980円以上しますが、ユニバーサルキーボードを利用すれば、1万円以下の安いスタンドカバー「Smart Folio」で快適なタイピングが可能。

なお、ユニバーサルコントロールを利用するには、同じアカウントでiCloudにログインしているMacとiPadを近くに置く必要があります。1台のマウス、キーボード、トラックパッドで操作できるのは最大3台まで。

Macの画面をそのままiPadに映し出す「ミラーリング」やiPadをサブディスプレイとして使用してMacの作業スペースを拡大する「拡張」機能を利用できるサイドカーとの併用も可能です。

ユニバーサルコントロールの対応機種

ユニバーサルコントロールの対応機種

ユニバーサルコントロールを利用するには、MacをmacOS Monterey 12.3以降に、iPadをiPadOS 15.4以降にアップデートする必要があります。

すべてのMacとiPadで利用できるわけではなく以下の対応機種が必要です。

Macの対応機種
  • 2016年以降に発売されたMacBook
  • 2016年以降に発売されたMacBook Pro
  • 2018年以降に発売されたMacBook Air
  • 2018年以降に発売されたMac mini
  • 2017年以降に発売されたiMacとiMac(Retina 5K、27インチ、2015年後期モデル)
  • iMac Pro
  • 2019年以降に発売されたMac Pro
  • Mac Studio
iPadの対応機種
  • すべてのiPad Pro
  • 第6世代以降のiPad
  • 第3世代以降のiPad Air
  • 第5世代以降のiPad mini

ユニバーサルコントロールの使い方と設定方法

  1. STEP 1

    システム環境設定に進む

    画面左上のAppleアイコンをクリックして「システム環境設定」に進みます

    システム環境設定に進む

  2. STEP 2

    ディスプレイに進む

  3. STEP 3

    ユニバーサルコントロールの設定

  4. STEP 4

    ユニバーサルコントロールの実行(1)

  5. STEP 5

    ユニバーサルコントロールの実行(2)

ユニバーサルコントロールでMacとiPadの場所を変更する

初期状態ではMacが左、iPadが右に設定されていますが、以下の手順で場所を入れ替えることも可能です。

  1. STEP 1

    システム環境設定に進む

    ユニバーサルコントロールを利用中に画面左上のAppleアイコンをクリックして「システム環境設定」に進みます

    システム環境設定に進む

  2. STEP 2

    ディスプレイに進む

  3. STEP 3

    画面を入れ替える

ユニバーサルコントロールが使えない時の対処方法

iPadとMacの距離を近づける

ユニバーサルコントロールを使用するには、互いに10メートル以内に設置する必要があります。隣の部屋にあるMacまたはiPadと接続する場合など、壁を挟むと距離が縮まる可能性があります。できるだけ近くに設置しましょう。

Bluetooth、Wi-Fi、Handoffをオンにする

ユニバーサルコントロールの利用には、設定画面やコントロールセンターからBluetooth、Wi-Fi、Handoffをオンにする必要があります。Handoffをオンにする方法は以下のとおりです。

iPadの設定手順
  • 1. 設定画面から「AirPlayとHandoff」に進む
  • 2. 「Handoff」のスイッチをオンにする
Macの設定手順
  • 1. 画面左上のAppleアイコンをクリックして「システム環境設定」を選択
  • 2. 「一般」に進んで「このMacとiCloudデバイス間のHandoffを許可」にチェックを入れる

インターネット共有(テザリング)をオフにする

インターネット共有(テザリング)がオンになっていると、ユニバーサルコントロールは利用できません。以下の手順でオフにしましょう。

iPadの設定手順
  • 1. 設定画面から「インターネット共有」に進む
  • 2. 「ほかの人の接続を許可」のスイッチをオフにする
Macの設定手順
  • 1. 画面右上のWi-Fiアイコンをクリックする
  • 2. インターネット共有以外のWi-Fiを選択する

iPadのスリープ→画面ロック解除

iPadの電源ボタン、サイドキーを一度押してスリープ状態にしてからロックを解除すると、ユニバーサルコントロールが利用できる場合があります。

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています