bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iOS 14に電池持ちが悪化する不具合。対処方法は初期化→復元

iOS 14

iOS 14に電池持ちが悪化する不具合。対処方法は初期化→復元

9月17日に配信がスタートした「iOS 14」と「watchOS 7」だが、一部で電池消費量が過剰に増える不具合が報告されている。

Appleは最新ソフトウェアの配信開始日から約2週間後に公開したサポートページでこの不具合の存在を認め、データのバックアップ後、iPhoneを初期化してバックアップデータから復元する対処方法を紹介している。

iPhoneとApple Watchの電池持ちが悪くなる問題

AppleによるとiOS 14.0とwatchOS 7.0では以下のような現象が発生しているとのこと。

  • iPhoneのフィットネス Appで、Apple WatchでGPSを使って以前行ったワークアウトの経路地図が表示されない。
  • Apple Watchでアクティビティ、心拍数、その他のヘルスケア関連のAppが起動しない、またはデータが読み込まれない。
  • iPhone でフィットネスAppやヘルスケアAppが起動しない、またはデータが読み込まれない。
  • ヘルスケアApp またはフィットネスAppによるiPhone のデータストレージ消費量が間違って報告される。
  • アクティビティAppによるApple Watch のデータストレージ消費量が間違って報告される。
  • Apple Watch の環境音量のデータやヘッドフォン音量のデータが、iPhone のヘルスケアApp に表示されない。
  • iPhoneまたはApple Watch のバッテリー消費が増えた。

特定のアプリが起動しない、データが読み込めない、電池消費量が増えるといった影響の大きい不具合が発生しており、海外のユーザーはたった1時間でバッテリーが90%から3%まで減少したことを報告している。

Appleが紹介する対処方法は2つ以上の現象を確認した場合はApple WatchとiPhoneのペアリングを解除後、バックアップを作成して初期化後、復元するというもの。ただし、アプリによっては復元する際に準備が必要なものが存在するため積極的にやりたくない手順だ。

おそらくiPhone 12シリーズの発売に合わせてiOS 14.1がリリースされるため、それまで待つという方法もある。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

SIM関係

2020/10/21
総務省、eSIM普及で携帯料金値下げか。値下げ効果に大きな疑問

iPhone 12

2020/10/21
iPhone 12 Pro/Maxのバッテリー容量も判明

iOS 14

2020/10/21
iOS 14.1が公開。ウィジェットなど多数の不具合が修正

iPhone 12

2020/10/20
iPhone 12、画面割れの修理費用は3万円
Recommendこんな記事も読まれています