iOS 14、ついにデフォルトアプリの変更解禁。Safariとメールで

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2020/06/23 8:42

iOS 14、ついにデフォルトアプリの変更解禁。Safariとメールで

日本時間6月23日、Appleが開発者向けのビッグイベント「WWDC 2020」を開催し、今年秋に正式リリース予定の「iOS 14」と「iPadOS 14」を発表した。

iOS 14とiPadOS 14ではついにデフォルトアプリの変更が可能になる。

独占禁止法が影響で解禁か

WWDC 2020のスペシャルイベント基調講演では特に触れられることはなかったが、発表のなかで登場したスライドと基調講演後に公開されたプレビューページにて標準アプリのデフォルト変更が可能になることが明かされた。

ただし、すべてのデフォルトを変更できるわけではない。変更できるのはSafariとメールアプリのみ

これまではiPhoneでリンクをタップしたり、AirDropで送信されたリンクをタップすると、すべてSafariまたは内蔵ブラウザで表示され、同じようにメールアドレスをタップすると標準のメールアプリが起動していたが。iOS 14ではSafariをGoogle Chromeに変更したり、メールをGmailに変更するといったことが可能になる。

デフォルトアプリの解禁は2008年にApp Storeが登場してから一度も変わっていない頑固なポリシーだったが、アメリカでは独占禁止法違反の指摘があったようだ。

コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています