iOS 16の対応機種はiPhone 8以降に。初代SE|6s|iPhone 7はアップデート不可

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2022/06/07 3:50

iOS 16の対応機種はiPhone 8以降に。初代SE|6s|iPhone 7はアップデート不可

日本時間6月7日、Appleが開発者向けのビッグイベントWWDC2022を開催し、ロック画面が史上最大のアップデートを遂げるiOS 16を発表しました。

Appleは2019年配信のiOS 13にて、iPhone 5s、iPhone 6、iPhone 6 Plusのアップデートを打ち切ったの最後に、多くのiPhoneに対して最新バージョンのアップデートを提供していましたが、iOS 16では想定したよりも大量に打ち切られます。

ベータ版は今日から。パブリックベータは今夏以降に提供開始

事前の噂では、iOS 16にて初代iPhone SE、iPhone 6s、iPhone 6s Plusがアップデートを打ち切られると報じられていましたが、Appleによると、iOS 16はiPhone 8以降の機種に提供するとのこと。

なお、iOS 16とiPadOS 16は今日からベータ版が開発者向けに提供され、7月以降に一般ユーザーも利用できるパブリックベータが提供される予定です。

The developer preview of iOS 16 is available to Apple Developer Program members at developer.apple.com starting today, and a public beta will be available to iOS users next month at beta.apple.com. New software features will be available this fall as a free software update for iPhone 8 and later.

コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています