iOS 16.3で急増する誤った緊急通報(緊急SOS)を防ぐアップデート

bio
Yusuke Sakakura公開日:2023/01/24 13:21

iOS 16.3で急増する誤った緊急通報(緊急SOS)を防ぐアップデート

最近になって急増しているスマートフォンからの誤通報。誤通報の主な原因はスマートフォンに搭載された自動通報やショートカット機能です。

iPhone 8以降では、サイドボタン/電源ボタンを長押しまたは5回連続で押すと緊急通報が可能。iPhone 14シリーズ、Apple Watch Series 8/Ultra/SE(第2世代)では、車の衝突事故を検出して自動的に緊急通報する機能をサポートしていますが、スキーやスノーボードで転倒した際にも誤って通報してしまう問題が報告されています。

衝突事故の誤検出についてはiOS 16.1.2で最適化されており、日本時間1月24日に配信されたiOS 16.3では、ショートカットの通報機能も改善されました。

ショートカットの緊急通報がボタンから手を放す仕様に

iOS 16.2まではサイドボタンと音量ボタンを長押しし続けるとカウントダウンが開始して警報が鳴り、カウントダウンが終了すると緊急通報を行う「長押しして通報」のオプションが提供されていました。

iOS 16.3では、カウントダウンが開始して警報がなるところまでは同じですが、緊急通報するにはカウントダウン後にボタンから手を離す必要がある「長押ししてから離して通報」に仕様変更されています。

ボタンから手を離さずキャンセルボタンをタップすることで緊急通報をキャンセルできるため、誤った緊急通報を回避できます。

カウンタダウン終了後の画面
カウンタダウン終了後の画面

なお、ショートカットによる緊急通報を有効/無効にするには、設定画面から「緊急SOS」に進んで「長押ししてから放して通報」および「ボタンを5回押して通報」のスイッチをオン/オフします。

STEP 1
設定画面を起動

iPhoneの設定画面を表示して「緊急SOS」をタップします

iPhone 14 ProiPhoneの設定画面を表示して「緊急SOS」をタップします
STEP 2
長押ししてから放して通報をオフ

「長押ししてから放して通報」をオフにします

iPhone 14 Pro
STEP 3
ボタンを5回押して通報をオフ

「ボタンを5回押して通報」をオフにします

iPhone 14 Pro
話題の流れ
コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

誹謗中傷を含む場合は発信者情報開示請求します。

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています