買い替える?新旧iPad Pro(2021/2020/2018)を比較

Yusuke Sakakura

買い替えは?新旧iPad Pro(2021/2020/2018)を比較

4月21日、2021年の新しいiPad Proが発表されました。

第3世代および第5世代となる新型iPad Proは、処理性能が50%高速化されたApple M1チップを搭載。新しいミニLEDディスプレイを初めて採用するなど大幅に進化したモデルです。

1年ぶりにアップデートされたiPad Proシリーズ。旧モデルからの買い替えを検討している人も多いはず。そんな人のためにこの記事では2018年、2020年、2021年発売のiPad Proにどういった違いがあるのかを比較しています。

目次

1分でわかる新旧iPad Proの違い

2021年モデル2020年モデル2018年モデル
デザイン

ディスプレイミニLED
Liquid Retina XDRディスプレイ
液晶
Liquid Retinaディスプレイ
液晶
Liquid Retinaディスプレイ
重さ ▼11インチ
Wi-Fi:466 g / Cellular:468 g
▼12.9インチ
Wi-Fi:682 g / Cellular:684 g
▼11インチ
Wi-Fi:471g / Cellular:473g
▼12.9インチ
Wi-Fi:641g / Cellular:643g
▼11インチ
Wi-Fi:468g / Cellular:468g
▼12.9インチ
Wi-Fi:631g / Cellular:633g
チップApple M1A12Z BionicA12X Bionic
メモリ8GB / 16GB6GB4GB / 6GB
カメラデュアルカメラ
12MP広角カメラ
10MP超広角カメラ
デュアルカメラ
12MP広角カメラ
10MP超広角カメラ
シングルカメラ
12MP広角カメラ
LiDARスキャナX
フロントカメラ12MP超広角カメラ7MP7MP
充電端子ThunderboltUSB-CUSB-C
5GSub6XX
Wi-Fi最大1.2Gbps
802.11a/b/g/n/​​ac/ax
最大1.2Gbps
802.11a/b/g/n/​​ac/ax
最大866Mbps
802.11a/b/g/n/ac
ストレージ最大2TB最大1TB最大1TB
セキュア認証顔認証「Face ID」顔認証「Face ID」顔認証「Face ID」

ディスプレイを比較:ミニLEDディスプレイとは?

ディスプレイを比較:ミニLEDディスプレイとは?

最新のiPad Proには10,000個を超えるミニLEDを並べた最新のLiquid Retina XDRディスプレイが搭載されています。

4つのミニLEDを1つのグループにまとめてグループごとに輝度を正確に調整することで1,000,000:1のコントラスト比を実現。他のiPad Proと比べて高い表現力で映像が楽しめます。

なお、Liquid Retina XDRディスプレイを搭載しているのは2021年の12.9インチモデルのみです。11インチモデルは従来モデルと変わらないので注意しましょう。

iPad Pro
2021年モデル2020年モデル2018年モデル
画面サイズ11インチ / 12.9インチ
解像度11インチ:2,388 x 1,668ピクセル
12.9インチ:2,732 x 2,048ピクセル
ディスプレイ11インチ:Liquid Retinaディスプレイ
12.9インチ:Liquid Retina XDRディスプレイ
液晶
Liquid Retinaディスプレイ
液晶
Liquid Retinaディスプレイ
ProMotionテクノロジー
True Tone
Apple Pencil第2世代第2世代第2世代
最大輝度最大輝度600ニト
フルスクリーンの最大輝度1,000ニト、ピーク輝度1,600ニト(HDR)
最大輝度600ニト最大輝度600ニト

サイズ・デザイン

サイズ・デザイン

サイズやデザインに大きな変更はありませんが、10,000個を超えるミニLEDを並べたLiquid Retina XDRディスプレイを搭載するiPad Pro(2021)の12.9インチモデルは少し厚く、重さは40〜50g重くなっています。

iPad Pro 11インチ
2021年モデル2020年モデル2018年モデル
高さ247.6 mm247.6 mm247.6 mm
178.5 mm178.5 mm178.5 mm
厚さ5.9 mm5.9 mm5.9 mm
重さ Wi-Fi:466 g
Cellular:468 g
Wi-Fi:471 g
Cellular:473 g
Wi-Fi:468 g
Cellular:468 g
iPad Pro 12.9インチ
2021年モデル2020年モデル2018年モデル
高さ280.6 mm280.6 mm280.6 mm
214.9 mm214.9 mm214.9 mm
厚さ6.4 mm5.9 mm5.9 mm
重さ Wi-Fi:682 g
Cellular:684 g
Wi-Fi:641 g
Cellular:643 g
Wi-Fi:631 g
Cellular:633 g

パフォーマンスを比較

パフォーマンスを比較

最大の違いはパフォーマンスです。

iPad Pro(2021)にはAppleが開発したM1チップが搭載されています。これまでMacシリーズに搭載されていたチップが初めてiPadシリーズに搭載されました。

M1チップを搭載したiPad Pro(2021)は、CPUによる処理性能が最大50%高速に、GPUによるグラフィックス性能も最大40%高速化された新次元のパフォーマンスでApple曰く“どんなタブレットよりも高速です。”

ポートはiPad史上、最も速くて最も万能なThunderboltに対応。高速の外付けストレージやディスプレイ、ドックがiPad Proでも利用可能になります。

そして、ついにiPad Proが5Gに対応しました。残念ながらミリ波には対応していませんが、広範囲で使えるSub6に対応。日本ではドコモとauが受信時3.4Gbps、送信時182Mbps、ソフトバンクが受信時2.4Gbps、送信時103Mbpsの5Gミリ波を提供しています。

ドコモはミリ波レベルの受信時4.2Gbpsで通信できるSub6-CAを提供していますが、iPad Pro(2021)が対応しているかは不明です。

iPad Pro
2021年モデル2020年モデル2018年モデル
チップApple M1チップA12Z BionicチップA12X Bionicチップ
Neural Engine次世代のNeural Engine
8コアCPU
8コアのグラフィックス
メモリ8GB / 16GB6GB4GB / 6GB
バッテリーWi-Fiでネット利用:最大10時間
ビデオ再生:最大10時間
5Gでネット利用:最大9時間
Wi-Fiでネット利用:最大10時間
ビデオ再生:最大10時間
4Gでネット利用:最大9時間
Wi-Fiでネット利用:最大10時間
ビデオ再生:最大10時間
4Gでネット利用:最大9時間
Wi-Fi最大1.2Gbps
802.11a/b/g/n/​​ac/ax
最大1.2Gbps
802.11a/b/g/n/​​ac/ax
最大866Mbps
802.11a/b/g/n/ac
ポートThunderboltUSB-CUSB-C
5GSub6XX

カメラを比較

カメラを比較

最新のiPad Pro(2021)はフロントカメラが進化しました。リモートワークでビデオ会議が増えるなかで嬉しいアップデートです。

超広角レンズになったフロントカメラは、機械学習を使ってタブレットの前から移動しても追従してフレームの中心から外れないように調整するセンターフレームに対応します。別の人がフレームに入った場合は拡大/縮小して複数人が1フレームに入るように調整します。

センターフレームにはFaceTimeのほかにも様々なビデオ会議アプリに対応しています。

iPad Pro
2021年モデル2020年モデル2018年モデル
カメラデュアルカメラデュアルカメラシングルカメラ
広角レンズ12MP
ƒ/1.8絞り値
12MP
ƒ/1.8絞り値
12MP
ƒ/1.8絞り値
超広角レンズ10MP
ƒ/2.4絞り値
10MP
ƒ/2.4絞り値
4Kビデオ24/25/30/60fps24/25/30/60fps30/60fps
スロモビデオ1080p 120/240fps1080p 120/240fps1080p 240fps
LiDARスキャナX
フロントカメラ 12MP超広角カメラ
ƒ/2.4絞り値
2倍の光学ズームアウト
センターフレーム
写真のスマートHDR 3
ビデオの拡張ダイナミックレンジ(最大30fps)
7MP
ƒ/2.2絞り値

写真のスマートHDR
7MP
ƒ/2.2絞り値

写真のスマートHDR

まとめ:新型iPad Pro(2021)に買い換えるべき?

まとめ:新型iPad Pro(2021)に買い換えるべき?

現在使っているiPad Proにパフォーマンス面で不満があるのであれば、最新モデルに買い換えるべきでしょう。iPad Pro(2021)はApple M1チップを搭載することでパフォーマンスが大幅にパワーアップしています。

昨年秋に発売されたiPad Air 4はiPad Proに並ぶパフォーマンスを実現していましたが、最新のiPad ProはiPad史上最高の性能。すべてのタブレットと比較してもトップパフォーマンスを実現しています。

コロナ禍でiPad Proによるビデオ通話が増えた人にもおすすめ。超広角レンズにスイッチし、センターフレームに対応したフロントカメラは実家にいる親と子どものビデオ通話がより一層楽しめるはずです。

5G対応も大きな進化です。自宅では高速なWi-Fiで、外出先でも5Gによる高速回線で途切れのないビデオストリーミングはもちろんビデオ会議が可能なはず。

iPad Pro(2021)の発売日は5月後半。4月30日(金)に予約受付がスタートします。販売価格は以下のとおりです。

iPad Pro 11インチ
docomoauSoftBankApple
128GB112,464円
(3,124円x36回)
113,040円
(2,355円x48回)
120,240円
(2,505円x48回)
Wi-Fi版: 94,800円
4G/5G版: 112,800円
256GB124,344円
(3,454円x36回)
125,280円
(2,610円x48回)
133,200円
(2,775円x48回)
Wi-Fi版: 106,800円
4G/5G版: 124,800円
512GB148,104円
(4,114円x36回)
149,040円
(3,105円x48回)
159,120円
(3,315円x48回)
Wi-Fi版: 130,800円
4G/5G版: 148,800円
1TB196,416円
(5,456円x36回)
197,280円
(4,110円x48回)
210,240円
(4,380円x48回)
Wi-Fi版: 178,800円
4G/5G版: 196,800円
2TB244,728円
(6,798円x36回)
245,520円
(5,115円x48回)
262,080円
(5,460円x48回)
Wi-Fi版: 226,800円
4G/5G版: 244,800円
iPad Pro 12.9インチ
docomoauSoftBankApple
128GB147,312円
(4,092円x36回)
148,320円
(3,090円x48回)
157,680円
(3,285円x48回)
Wi-Fi版: 129,800円
4G/5G版: 147,800円
256GB159,192円
(4,422円x36回)
160,560円
(3,345円x48回)
170,640円
(3,555円x48回)
Wi-Fi版: 141,800円
4G/5G版: 159,800円
512GB183,744円
(5,104円x36回)
184,320円
(3,840円x48回)
196,560円
(4,095円x48回)
Wi-Fi版: 165,800円
4G/5G版: 183,800円
1TB231,264円
(6,424円x36回)
232,560円
(4,845円x48回)
247,680円
(5,160円x48回)
Wi-Fi版: 213,800円
4G/5G版: 231,800円
2TB279,576円
(7,766円x36回)
280,800円
(5,850円x48回)
299,520円
(6,240円x48回)
Wi-Fi版: 261,800円
4G/5G版: 279,800円
オンラインショップで購入

docomo

SoftBank

au

Apple.com/JP

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています