iPhone 8、「ファンクションエリア」導入でホームボタン廃止の噂

iPhoneの噂・最新情報

iPhone 8、「ファンクションエリア」導入でホームボタン廃止の噂

Photo by iPhone-Tricks.com

2017年に発売される「iPhone 8」には早くからフルディスプレイデザインが採用されると報じられていました。

しかし、フルディスプレイデザインを導入するにはTouchIDを廃止しなければいけないという大きな壁がありますが、Appleは新たに「ファンクションエリア」を導入することで解決するのかもしれません。

iPhone 8、全面有機ELのフルディスプレイデザインを採用か

KGI証券のアナリスト Ming-Chi Kuo氏によると、2017年に発売されるiPhoneは従来の4.7インチ、5.5インチに加えてフルディスプレイデザインを採用した5.8インチのモデルが追加されるとのこと。

5.8インチのモデルは4.7インチモデルと同じボディサイズながら、フルディスプレイデザインを導入することでより大きなディスプレイが利用できるようです。また、5.8インチのうち5.15インチがディスプレイエリア、残りの0.65インチが「ファンクションエリア」となるようです。いずれも有機ELを採用すると伝えています。

iPhone 8、全面有機ELのフルディスプレイデザインを採用か

Photo by 9to5Mac

「ファンクションエリア」がTouchIDの代替機能に?新機能も

ファンクションエリアの詳細はわかっていませんが、TouchIDが廃止されるということは指紋認証とホームボタンの代替機能として利用できる可能性が高いはず。Appleはディスプレイで指紋認証を実現する特許申請を複数回行っており、TouchIDを廃止して新しい方式の指紋認証の実現を目指していることは明らかです。

また、ファンクションエリアはただのTouchIDとホームボタンの代替機能になるだけではなく、アプリごとに異なるショートカットキーを表示したり、省電力の有機ELを採用することからディスプレイがオフ時でも時刻や通知、天候といった情報を表示することも考えられます。

なお、フルディスプレイデザインの実現にはFaceTimeカメラや照度センサー、フロントスピーカーといったディスプレイ上部に配置された機能も課題として残っていますが、今回の情報では解決策に言及されていないようです。

iPhone 8の噂としては、iPhone 4/4sのようなアルミフレームとガラスボディを使用したデザイン、Qi規格を採用したワイヤレス充電バッテリー容量の大幅アップ目で認証を実現する虹彩認証の搭載などが伝えられています。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Android

2021/03/02
Google Pixelに新機能追加。水中カメラや録音データの自動バックアップなど

iPhoneの噂・最新情報

2021/03/02
iPhone 13、全モデルにLightning搭載か。バッテリー容量増で電池持ち改善も

iPhoneの噂・最新情報

2021/03/02
折りたたみiPhone、画面サイズは最大8インチ?発売時期は早くても2023年か

iPhoneの噂・最新情報

2021/03/02
iPhone 14は新デザイン導入か。ノッチ廃止→パンチホール採用?
Recommendこんな記事も読まれています