売れるか疑問。Appleが折りたたみiPhoneの発売を様子見か

bio
Yusuke Sakakura

売れるか疑問。Appleが折りたたみiPhoneの発売を様子見か

repreid

間違いなくニッチな市場ですが、間違いなく盛り上がりつつある折りたたみスマートフォン。Microsoftも折りたたみ式のボディにデュアルスクリーンを搭載した「Surface Duo 2」を1月11日に日本で発売します。

最も発売に期待がかかるのは、やはりAppleが発売する折りたたみ式のiPhoneです。早ければ2023年発売と報じられていましたが、最新の情報によれば、発売に慎重な姿勢を見せているようです。

折りたたみスマートフォンの市場は極ニッチ

Appleの未発表製品について実績のあるリーカーDylanによると、Appleは折りたたみスマートフォンの開発に“間違いなく”取り組んでいて、現在は複数のプロトタイプをテストしているようです。

しかしながら、折りたたみディスプレイの技術は熟成されたものではなく、多くの妥協点が存在するとのこと。事実であれば近いうちに折りたたみのiPhoneが発売される可能性はかなり低そうです。

さらに、Appleはプロトタイプの開発をする一方で、折りたたみスマートフォンの市場がいっときのものなのか、今後も存在するのかを判断するために市場を観察するなど、発売に慎重になっていると伝えています。

折りたたみスマートフォンは、折り曲げが可能なフレキシブルディスプレイ(または2画面)や耐久性の高いヒンジといったコストの高い部品を必要とし、一般的なスマートフォンに比べて開発の難易度が高く、販売価格も20万円前後が相場になっていることから、多くのユーザーが手を出せるものではありません。

日本国内における2021年スマートフォン販売ランキングの上位10機種に、5万円以上のAndroidスマートフォンが1機種もランクインしていないことを考えると、4倍の価格に設定されている折りたたみスマートフォンは非常にニッチな市場です。

10万円前後のフラグシップスマートフォンを唯一ヒットさせているAppleでも高額な折りたたみiPhoneを成功させることはカンタンではなく、慎重になることは不思議な話ではありません。

Androidやアプリから存在が確認されていた折りたたみスマートフォンの「Pixel Fold」についても、十分な競争力を持たない、つまり売れないとGoogleが判断したことから発売の中止を決定したと報じられていました。

なお、これまでに報じられている折りたたみiPhoneの噂はバラバラでまったくまとまっていません。

画面サイズについては7.3〜7.6インチ、または7.5〜8インチ、さらに6〜8インチと噂されているほか、画面はSurface Duoのような2枚式で真の折りたたみではないとの報道もあれば、折りたたみ式のディスプレイを開発しているとの噂もあります。現時点では確からしい情報は「折りたたみiPhoneが出るかもしれない」といった具合です。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています