bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

低価格な「USB-C – Lightningケーブル」が2019年早期に発売か――Apple純正は1,800円

iPad

低価格な「USB-C – Lightningケーブル」が2019年早期に発売か――Apple純正は1,800円

MacBookとダイレクトに接続でき、iPhone/iPadをハイスピードで充電できる「USB-C – Lightningケーブル」はApple純正品のみが販売されている。

純正品以外のケーブルがあるとすれば、それはAppleが認定していないもので動作保証がなく、OSアップデートなどでいつ使えなくなってもおかしくはない。

ただ、価格を理由にApple純正品には手が伸びないという人もいるはず。その問題は近々解決するかもしれない。

低価格・高耐久のUSB-C – Lightningケーブル登場へ

MacRumorsによると、Appleは充電・データの同期ができるUSB-C – Lightningケーブルの製造をMFiライセンスプログラムのメンバーに対して許可したとのこと。

MFi認証のUSB-C – Lightningケーブルを製造するには部品番号「C94」のパーツが必要で、Appleはメーカーに対して「C94」を2.88ドル――日本円で325円で販売しているようだ。このパーツの出荷予定日は約6週間後のため、AnkerやBelkin、AukeyなどMFiプログラムに参加しているサードパーティのメーカーがこの部品を調達できるのは1月中旬ごろになる。

そこからケーブルを生産してオンラインストアや店頭などに商品が並ぶのは2019年2月〜3月ごろになるはずだ。

Appleは今年5月に純正品の「USB-C – Lightningケーブル(1m)」を600円ほど値下げしたが、サードパーティ製のUSB-C – Lightningケーブルは他のケーブルと同じように販売価格はもっと安く抑えられるはず。さらに、すぐに壊れてしまう純正品とは違って耐久性のあるケーブルが登場する可能性も高い。

安いUSB-C – Lightningケーブルの登場によって、iPhoneを2時間足らずでフル充電にできる高速充電が普及するキッカケにもなりそうだ。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

キャッシュレス

2018/12/17
Origami Pay(オリガミペイ)の使い方を解説 始め方・使えるお店・支払い方法など

LINE Pay

2018/12/17
LINE Pay(ラインペイ)の始め方 カードの使い方やチャージ、支払いまで全まとめ

LINE Pay

2018/12/16
LINE Pay(ラインペイ)の使い方 QRコード支払いや割り勘も

LINE Pay

2018/12/16
LINE Pay(ラインペイ)でチャージする方法 コンビニやATM・銀行振込でも
Recommendこんな記事も読まれています