Android TV搭載 新型Chromecastが米認証機関を通過か

Android

Android TV搭載の新型Chromecast、米認証機関を通過か

Googleの未発表デバイス2種類がアメリカでワイヤレスデバイスを発売する際に必要な認証を取得したことが明らかになった。

この未発表デバイスは以前から発売が噂されているテレビに挿すだけで大画面でYouTubeなどの動画配信サービスが楽しめる新型Chromecastーコードネーム“Sabrina”のようだ。

Googleが開発中の新型Chromecastは待望のAndroid TVを搭載することでスマートフォン等が手元になくても動作および操作可能になると予想されている。

新型Chromecast本体とリモコンが認証取得

日本時間8月24日、米連邦通信委員会(FCC)によって公開された資料からGoogle製の未発表デバイスとしてモデル番号“GZRNL”と“G9N9N”が同機関の認証を得たことがわかった。

このうち“GZRNL”は「インタラクティブメディアストリーミングデバイス」と説明されていることから発売が待ち望まれているAndroid TVを搭載した新型Chromecastである可能性が高いと9to5Googleは報じている。

公開された資料には少し縦長のデザインになる本体にプリントされる認証情報が書かれた正方形のラベルも含まれている。このワイヤレスデバイスはWi-FiとBluetoothのみをサポートしているようだ。

Android TV搭載の新型Chromecast、米認証機関を通過か

Credit: FCC

もう1つの“G9N9N”に関する手がかりはすくないものの「ワイヤレスデバイス」との説明があり、ラベルの下に「電源カバー」と書かれている。おそらくリモコンの電池カバーの裏側に貼られるラベルということだろう。このデバイスはBluetoothのみをサポートしていることから新型Chromecastのリモコンではないかと予想されている。

新型Chromecast“Sabrina”は従来のChromecastと違ってリモコンでホーム画面を操作してコンテンツを楽しむFire TVのようなデバイスになると報じられていることから“GZRNL”はChromecast本体で“G9N9N”がデバイスを操作するリモコンであると予想がつく。

なお、FCCが公開した資料には両デバイスの正体がわかる写真なども含まれているようだがGoogleは秘密保持期限を2021年1月まで指定していて見ることはできない。問題がなければ期限までに発表される可能性が高いということになる。おそらくは例年10月に開催されている新製品発表イベント「Made by Google」で発表されるのではないだろうか。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhoneの噂・最新情報

2021/01/16
iPhone 13、一部モデルでLightning廃止の噂。USB-Cも搭載せず

iPhoneの噂・最新情報

2021/01/16
Apple、折りたたみiPhoneの開発に着手。発売は何年も先?

Galaxyの噂・最新情報

2021/01/15
Galaxy S21の比較・発売日・新機能・価格・スペックまとめ

au

2021/01/15
武田総務大臣、auのpovo“最安値”に非常に紛らわしい、結局他社と同じ値段と批判
Recommendこんな記事も読まれています