bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

新型iPhone、低価格モデルはオレンジ・ブルー・レッドなど5色展開の噂

iPhoneの噂・最新情報

新型iPhone、6.1インチモデルはオレンジ・ブルー・レッドなど多色展開に?

Appleが今年秋に発売する3つの新型iPhoneのうち、6.1インチの液晶ディスプレイを搭載する低価格モデルは鮮やかなカラーがラインナップされるとアナリストがレポートしていたが、新たに最も確度の高い情報を伝えるアナリストがオレンジやブルー、レッドといった5色展開になると伝えている。

「iPhone 5c」の低価格×多色展開再び?

KGI証券のアナリスト、Ming-Chi KuoによればAppleは今年秋に発売する新型iPhoneで多色展開を考えているようだ。

6.1インチの液晶ディスプレイを搭載したモデルはグレイ、ホワイト、ブルー、レッド、オレンジの5色がラインナップされるという。9to5Macはレッドが(PRODUCT)REDか判断できないと伝えた。

6.1インチモデルは顔認証「Face ID」やベゼルレスのディスプレイが採用されるものの、ディスプレイは液晶でカメラはポートレート撮影に対応しないシングルカメラで画面を深くプレスすることで各ショートカット機能を操作できる「3D Touch」非搭載といった廉価版でKuoは販売価格が550ドル〜750ドル(おそらく日本では約62,000円〜約84,000円)に設定されると予測している。

「多色展開」と「低価格」の組み合わせは2013年に発売された「iPhone 5c」を彷彿とさせる。“これまでで最もカラフルなiPhone”として登場したiPhone 5cは、ブルー、グリーン、ピンク、イエロー、ホワイトの鮮やかなポリカーボネート製ボディを採用。指紋認証のTouch IDが搭載されないなどハイエンドなiPhone 5sに比べて低性能・低機能な廉価モデルとして登場したが、売れ行きはイマイチで今では失敗の烙印が押されている。

今年5月にRosenblattのアナリスト、Jun Zhangが「上位モデルと下位モデルを明確に区別する必要があり、カラーバリエーションがそのひとつになる」と最初にレポートしたが、差別化要素は既に多数あり、過去の失敗作を真似るようなことをするだろうか?=怪しい予測とされていたが、Kuoのレポートが登場したことで信ぴょう性が一気に上がったことになる。

なお、今年2月にBloombergが報じていた新色ゴールドが6.5インチの有機ELディスプレイを搭載したハイエンドモデルにラインナップされ、ブラック、ホワイト、ゴールドの3色展開になるという。中国をはじめとしたアジアで人気のあるゴールドはiPhone Xで投入される予定で生産上の問題から見送りになっていた。ゴールドがどのようなカラーになるかはFCCが公開した実機写真からある程度は予測ができる。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

格安SIM

2018/07/23
ようやくau系MVNOとiPhone/iPadでテザリング可能に。mineoが10月末から対応開始

LINE Pay

2018/07/23
LINE Pay、「マイカラー」を8月に変更。判定基準を公開、ポイント付与の上限決済額を大幅引き上げ

格安SIM

2018/07/23
mineo、ソフトバンク回線の「Sプラン」を9月スタート。6ヶ月・月額0円のキャンペーンも

au

2018/07/23
「Xperia XZ2 Premium」の発売日は7月27日から。au版は2週遅れに
Recommendこんな記事も読まれています