bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

コード決済対抗、2重取り可の共通ポイント「おサイフマイル」4月登場。SuicaやEdyなど

キャッシュレス

コード決済対抗、2重取り可の共通ポイント「おサイフマイル」4月登場。SuicaやEdyなど

フェリカネットワークスが新しい共通ポイントサービス「おサイフマイル」を発表した。

SuicaなどのFeliCa対応の決済サービスを利用するとおサイフマイルが貯まり、各サービスが提供するポイントに交換できる。

利用率でQRコードに大差。おトク感改善でユーザー獲得

おサイフマイルは、対応サービスを利用するとマイルを獲得できる共通ポイントサービス。Suica・楽天Edy・WAON・nanacoのおサイフケータイに対応した4サービスで、決済するだけでマイルが貯められる。

日本経済新聞によれば、QUICPayやiDの対応も検討しているという。2020年春に開始予定の「モバイルPASMO」の対応にも期待したい。

マイルを貯める方法は3つ。1つは対応サービスを利用した還元(100円につき1マイル)。2つ目は毎月の電子マネー利用種別数に応じたマイルの付与。3つ目は毎月の獲得マイル数に応じてランク付けされ、上位ユーザーにマイルが付与される。

おサイフマイルとは別に各サービスのポイントを獲得することも可能。つまり、ポイントの2重取りができる。

貯まったマイルは1,000マイルごとに100円分のポイントまたは電子マネーとして交換可能。交換先はJRE POINT(Suica)、楽天Edy、WAONポイント、nanacoポイントの4つ。

まずはトライアルからスタートする。2月12日から3月10日まで最大1万人の参加者を募集。4月1日から6月30日までトライアルが実施される。

MMD研究所が2019年12月に実施した調査によれば、昨年10月の消費者還元事業の開始前後において、PayPayなどQRコード決済の決済利用が10%も増加したのに対して、Suicaなどスマホ非接触決済は2.1%の増加に留まった。「この1ヶ月で利用しているキャッシュレス決済について」では、QRコード決済の18.2%に対してスマホ非接触決済は5.6%と大差を付けられている。

この1ヶ月で利用しているキャッシュレス決済

Credit: MMD研究所

かざすだけで決済できるなど利便性で優れるものの、中小規模の対応店舗数やおトク感で劣るスマホ非接触決済。新しい共通ポイントサービス「おサイフマイル」によっておトク感を改善してユーザー獲得を狙うようだ。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Xperiaの噂・最新情報

2020/09/25
「Xperia 5 II」フォトレビュー

au

2020/09/25
au、Xperia 5 IIやGalaxy Note20 Ultraなど5Gスマホ6機種を発表

Pixelの噂・最新情報

2020/09/25
Pixel 5、今度は新色グリーンの画像流出

iOS 14

2020/09/25
iOS 14.0.1が公開。iPhoneがWi-Fiに接続できない不具合など多数修正
Recommendこんな記事も読まれています