Apple PayのPASMOが開始。サーバ混雑で新規発行できず

bio
Yusuke Sakakura

Apple PayのPASMOが開始。サーバ混雑で新規発行できず

PASMO協議会が、きょう10月6日からApple PayのPASMOのサービスを開始した。

手持ちのPASMOをそのままiPhoneおよびApple Watchに取り込んで利用できるほか、iPhoneからPASMOを新規発行することも可能だ。

発行手数料や年会費は無料

すでにApp StoreからPASMOアプリがダウンロードできる。

アプリに本人名義のクレジットカードを登録することでApple Payに対応していないクレジットカードでも場所を選ばず定期券の購入やチャージ、オートチャージが可能。端末の紛失や故障の場合もカンタンな手続きで再発行ができる。残高や利用履歴もアプリ上で確認可能。バスをおトクに利用できる「バス得」のポイントやチケット等の情報を、アプリ上で確認できる。

Apple PayのPASMOを利用できるデバイスは、iOS 14以降を搭載したiPhone 8以降のiPhoneおよびwatchOS 7.0以降を搭載したApple Watch Series 3以降のApple Watchとなっている。

なお、10月6日9時50分時点でアクセスが殺到しているためPASMOアプリからPASMOの新規発行やオートチャージの設定ができなかった。Apple PayからはPASMOを新規発行できる。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています