bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

スマホ非接触決済の利用は1割。QRコード決済の1/3に

アンケート・調査結果

スマホのタッチ決済、利用率は1割でQRコードの1/3に

MMD研究所がスマートフォンで利用できる楽天EdyやiD、モバイルSuicaなどのタッチ(非接触)決済サービスの利用動向を2020年6月に調査して結果を発表した。

調査結果によると「現在利用している」は12.7%に留まり、内容を知らないおよび全く知らないと答えた人が5割を超える結果となったようだ。

非接触決済が使われない理由は対応店舗の少なさ?

2020年7月スマートフォン決済(非接触)利用動向調査」は、2020年6月26日〜29日に18歳〜69歳の男女45,000人を対象に実施された。

スマートフォンの非接触決済(タッチ式決済)を知っていますか?との質問に対して“利用経験”に分類される「現在利用している」および「利用したことはあるが、現在は利用していない」の回答が20.8%に留まった。

スマートフォンの非接触決済(タッチ式決済)を知っていますか?

最も利用しているスマートフォンの非接触決済サービスでは26.2%で「楽天Edy」がトップ。2位は21.2%の「iD」、3位は18.3%の「モバイルSuica」、4位は12.2%の「QUICPay」が続いてる。5位以下は10%未満となった。利用を検討しているサービスにおいても「楽天Edy」がトップになり、「モバイルSuica」が2位、「iD」が3位となっている。

最も利用しているスマートフォンの非接触決済サービス

同時期に実施されたQRコード決済の調査と比べると、非接触決済の“利用経験”は半分以下、“現在利用”は約1/3になるなど大きな開きが出ている。

非接触決済のファネル分析QRコード決済のファネル分析
左: 非接触決済のファネル分析、右: 非接触決済のファネル分析

決済時にアプリを起動してQRコードを見せたり、スマートフォンのカメラでスキャンする必要があるQRコード決済に対して、スマートフォンをかざすだけでタッチ決済は利便性に優れるが、対応レジの導入費用が高額でレジのサイズも大きい。資金が豊富で店舗面積の大きいコンビニやチェーン店などでは導入できるが、個人経営など中小規模で導入している店舗が少ないことが利用率の差に現れたと思われる。

継続的なポイント還元も理由の1つだろう。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Kindleセール情報

2020/08/15
50%還元、2万冊超のKindle本がおトクに

スマホアプリ

2020/08/14
フォートナイトアプリをダウンロードする方法

スマホアプリ

2020/08/14
フォートナイト、わずか4ヶ月でPlayストアから削除。Google税回避で

スマホアプリ

2020/08/14
フォートナイト、App Storeから削除。Apple税回避で
Recommendこんな記事も読まれています