bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ソフトバンクホークス、PayPayでヤフオクドームのキャッシュレス化推進

PayPay

ソフトバンクホークス、PayPayでヤフオクドームのキャッシュレス化

プロ野球・福岡ソフトバンクホークスとスマホ決済サービスを提供するPayPayが共同で福岡ヤフオク!ドームのキャッシュレス化を推進すると発表した。

ヤフオクドーム限定のPayPayキャンペーンも実施

ヤフオクドームではオープン戦はスタートする2019年3月2日からドーム内ショップの飲食とグッズ販売、スタンド内飲料販売(売り子販売)、ワゴン販売、スーパーボックス、チケット売り場にスマホ決済サービス「PayPay」を導入する。

また、先行して福岡ソフトバンクホークスの春季キャンプが開催される宮崎市生目の杜運動公園ではホークスビレッジのグッズ販売コーナーや飲食、物販ブースで2月1日からPayPayが利用可能になる。

PayPayはQRコードを使ったスマートフォンで利用できる決済サービスで支払い額の0.5%が還元される。昨年末は100億円あげちゃうキャンペーンが開催され大きな話題となった。PayPayの導入に合わせて、ヤフオクドーム限定でPayPayのキャンペーンを実施するそうだ。

福岡ソフトバンクホークスとPayPayは2019年度チームスポンサー契約を締結したことも発表された。これにより、ホークスの選手はPayPayのロゴ付きキャップを着用してオープン戦(セ・リーグビジターは除く)、公式戦(セ・パ交流戦ビジターは除く)および、クライマックスシリーズを戦う。

ソフトバンクホークス、PayPayでヤフオクドームのキャッシュレス化

選手着用キャップ

なお、楽天はQRコード決済の「楽天ペイ」や楽天Edy、楽天ポイント、楽天カードなどを利用した完全キャッシュレス化をプロ野球チーム東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地「楽天生命パーク宮城」とJ1プロサッカーチームヴィッセル神戸の本拠地「ノエビアスタジアム神戸」で実現する。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iOS 14

2020/07/10
iOS 14、パブリックベータ版をインストールする方法

iOS 14

2020/07/10
iOS 14/iPadOS 14、パブリックベータ版が配信開始

Google Home/Nest

2020/07/10
新型Google Nestスピーカー、枕デザインを採用。実機写真が大量公開

Android

2020/07/09
Android 11、画面録画でデバイスの音声も収録可能に
Recommendこんな記事も読まれています