Twitter、新デザインのiPadアプリ公開。ウェブ版と同じマルチカラムを導入

bio
Yusuke Sakakura

Twitter、新デザインのiPadアプリ公開。ウェブ版と同じマルチカラムを導入

Credit: Applefera

12月19日、デザインを大幅に変更したiPad向けTwitter公式アプリが公開された。

これまではiPhoneと同じようなデザインが採用されていたが、最新版のアプリではマルチカラムを導入するなどiPadの大画面を有効活用したインターフェースが導入されている。

3カラムの新デザインを導入したiPad向けアプリ

Appleferaによれば、新デザインのTwitterアプリではより多くの情報が確認できるマルチカラムが採用されているとのこと。

ウェブ版のように異なる情報を表示する3つの列が並ぶデザインに変更されていて、左にはホーム(タイムライン)、検索、トレンド、DM、ブックマーク、リスト、プロフィール、設定、新規ツイートへのショートカットが並び、中央にはタイムラインなどのツイートが表示される。右にはおすすめのユーザーやトレンドなど動的に表示される。

なお、新デザインのiPad公式アプリは一部のユーザーに順次公開されているようで手元のiPad Proにはまだ届いていない。9to5Macが指摘するとおりアップデートが適用されているか随時チェックする必要がありそうだ。

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています