人気ウィジェットアプリ「Widgetsmith」が大幅アプデ。写真の白線バグもようやく解消

スマホアプリ

人気ウィジェットアプリ「Widgetsmith」が大幅アプデ。写真の白線バグもようやく解消

iOS 14の新機能ホームウィジェットに対応した人気アプリ「Widgetsmith」(ウィジェットスミス)のメジャーアップデートとなるバージョン2.0が公開された。

今回のバージョンでは、カンタンにウィジェットの見た目を変更できるテーマ機能が追加され、初期バージョンから発生してた白線バグがようやく解消されている。

テーマ機能でウィジェットの作成がカンタンに

今回追加されたテーマ機能によって最新版のWidgetsmithでウィジェットの作成がこれまでよりもカンタンになった。

特にカンタンになるのはウィジェットの配色。これまでは1から色を決める必要があったが、最新版ではいくつかあるテーマのなかから1つを選んでから自分好みにウィジェットの背景や文字の色など配色をカスタマイズできる。

月額200円の有料会員限定として落ち葉やかぼちゃが描かれた季節に合わせたテーマが収録されているほか、ウィジェットの形を変えられる(ように見せられる)テーマやアートワークも用意された。

細かなところでは色を指定する際にカラーコードで指定できるようになり、写真ウィジェットでは1pxの白線が表示される不具合が解消され、テキストウィジェットでは文字サイズが改善されている。

Widgetsmithの使い方やiPhoneのホーム画面をおしゃれにカスタマイズする方法は以下の記事で詳しく解説している。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

LINE Pay

2021/03/01
速報:PayPay、LINE Payの事業統合へ協議開始。22年4月に

NTTドコモ

2021/03/01
ahamo変更後はドコモオンラインショップで予約不可。新機種の購入困難に?

ワイモバイル

2021/03/01
ワイモバイル、3月17日からeSIM開始。最短1時間で利用可能に

NTTドコモ

2021/03/01
ahamo、公式サイトでiPhone 11など3機種を販売
Recommendこんな記事も読まれています