bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • iPhoneの小ワザ、裏ワザ
  • iPhoneの容量不足を解消する方法。容量を減らすためにやるべき5つのこと
  • LINEで写真・画像のサイズを変更、切り抜く方法

    iPhoneの空き容量が不足すると頻繁に「ストレージの空き領域が足りません」と表示されてiOSのアップデートやアプリのダウンロードができなくなってしまいます。

    アプリを削除したり、写真を削除すれば、使用容量をカンタンに減らすことができますが、できれば必要な写真や動画、アプリは削除したくないところ。この記事では、iPhoneの空き容量を増やす方法として不要なデータの削除はもちろん、今後も容量不足にならないようにやるべき5つのことを紹介します。

    目次


    iPhoneの容量不足はなぜ?原因を特定する

    やみくもに写真や動画、アプリなどを削除するのはオススメできません。必要なデータを削除して元に戻せなくなったり、大切なデータを削除して一時的に容量不足を解消してもしばらくすると、再び容量不足になることがほとんどです。

    ということで、まずはiPhoneの容量を消費させているアプリや機能を特定しましょう。iPhoneの設定やiTunesを使ってカンタンに特定できます。

    iPhoneの空き容量/使用容量を確認する

    iPhoneの空き容量を確認するには、設定から「一般」→「ストレージとiCloudの使用状況」に移動すると、今、使用している容量が「使用済み」に、空き容量が「使用可能」に表示されます。

    使用容量の内容を確認するには「ストレージを管理」をタップします。使用容量の多い順にアプリや機能が表示されるのでどのアプリまたは機能がiPhoneの容量を消費しているのか確認しましょう。

    iPhoneの容量不足はなぜ?原因を特定する - iPhoneの空き容量/使用容量を確認する iPhoneの容量不足はなぜ?原因を特定する - iPhoneの空き容量/使用容量を確認する iPhoneの容量不足はなぜ?原因を特定する - iPhoneの空き容量/使用容量を確認する
    「一般」→「ストレージとiCloudの使用状況」→「ストレージを管理」で容量の内訳を確認

    iPhoneで確認できない容量を確認する

    iPhoneで確認できない空き容量/使用容量があります。iPhoneで表示されていない容量を確認するにはiPhoneをiTunesに接続します。

    iPhoneの使用容量を「オーディオ」「写真」「App」「書類とデータ」といったグループごとに確認できます。また、iPhoneには表示されない容量として「その他」が表示されます。その他の容量は端末によって様々で数GBを占めることもあります。

    iPhoneの容量不足はなぜ?原因を特定する - iPhoneの空き容量/使用容量を確認する

    「その他」を削除して容量不足を解消する

    「その他」には写真や動画などを高速表示するためのキャッシュファイルやシステムやアプリから出たゴミファイルなど多くの不要なファイルが含まれます。ファイルサイズが小さい場合はiTunes上で表示されないこともあります。

    不要データの「その他」だけを削除することはできません。Appleに問い合わせたところ「その他」の削除方法は以下の2つがあります。

    「その他」を削除して容量不足を解消する

    Safariのキャッシュを削除する

    「その他」には、Safariのキャッシュファイルとしてウェブサイトの閲覧履歴、パスワードやID/メールアドレスなどログインの入力情報も含まれるため、キャッシュを削除することで「その他」の容量を一部減らすことができます。

    なお、ログイン情報が削除されるのはiPhoneからのみ、iCloudからは削除されないので安心してください。iCloudに保存されているパスワードは設定の「Safari」→「パスワード」から確認できます。

    Safariのキャッシュを削除するには、設定から「Safari」に進んで「履歴とWebサイトデータを消去」を選択して「履歴とデータを消去」をタップします。

    「その他」を削除して容量不足を解消する - Safariのキャッシュを削除する 「その他」を削除して容量不足を解消する - Safariのキャッシュを削除する 「その他」を削除して容量不足を解消する - Safariのキャッシュを削除する
    「Safari」→「履歴とWebサイトデータを消去」からSafariのキャッシュが削除できる

    「その他」を削除して容量不足を解消する

    アプリを削除して、もう一度AppStoreからダウンロードすることで「その他」を削除することもできますが、ダウンロードしているアプリの数を考えると現実的な方法ではありません。

    一度により多くの「その他」を削除するには、一度iTunesやiCloudでバックアップを取ってから、iPhoneを初期化してバックアップから元の状態に戻します。

    iCloudは無料で5GBまでしか使えないので、月額130円で50GBまで使えるプランにアップグレードするか、iTunesに接続してバックアップしましょう。

    「その他」を削除して容量不足を解消する - 「その他」を削除して容量不足を解消する
    iCloudのプラン変更は「設定」→「Apple ID」→「iCloud」→「ストレージプランを変更」から

    PC/iTunesを使わず「その他」を削除する

    PC/iTunesを使わずに「その他」を削除するには、iCloudにiPhoneのバックアップを保存してからiPhoneを初期化、最後にバックアップから復元します。

    iCloudにバックアップを保存するには設定から「Apple ID」→「iCloud」に進みます。

    「その他」を削除して容量不足を解消する - iPhoneを初期化する 「その他」を削除して容量不足を解消する - iPhoneを初期化する

    「バックアップ」を選択してから「今すぐバックアップを作成」をタップすると、iCloudバックアップがスタートします。

    「その他」を削除して容量不足を解消する - iPhoneを初期化する 「その他」を削除して容量不足を解消する - iPhoneを初期化する

    バックアップの作成が完了したら、設定から「一般」→「リセット」に進んで、「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択してiPhoneを初期化します。

    「その他」を削除して容量不足を解消する - iPhoneを初期化する 「その他」を削除して容量不足を解消する - iPhoneを初期化する 「その他」を削除して容量不足を解消する - iPhoneを初期化する
    「一般」→「リセット」からiPhoneを初期化してその他データを削除する

    iPhoneの初期化が完了したら画面の案内に従ってiPhoneの初期設定を進めます。「Appとデータ」画面が表示されたら、「iCloudバックアップから復元」を選択してiCloudにサインインします。保存したバックアップを選択すると、「その他」が削除された状態でiPhoneが復元されます。

    iCloudバックアップの手順 iCloudバックアップの手順 iCloudバックアップの手順
    iPhoneの初期設定で「iCloudバックアップから復元」を選択する

    iTunesで「その他」を削除する

    iTunesでバックアップを作成するには、iPhoneをPCに接続してiTunesにバックアップを保存してからiPhoneを初期化、最後にiTunesバックアップからiPhoneを元の状態に戻します。ここではカンタンに手順を解説します。詳しいバックアップ手順はこちらの記事で詳しく解説しています。

    iTunesを起動したらメニューバーの「ファイル」をクリックして、「デバイス」→「購入した項目を“iPhone”から転送」を選択します。これでiTunesStoreとAppStoreから購入したコンテンツ、iBookにダウンロードしたPDFもバックアップの対象になります。

    「その他」を削除して容量不足を解消する - iPhoneのバックアップを作成する

    「ファイル」→「デバイス」→「購入した項目を“iPhone”から転送」を選択

    転送が完了したらiTunesで「このコンピュータ」と「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れて「今すぐバックアップ」をクリックします。なお、バックアップを暗号化することで、Wi-Fiの設定、ウェブサイトの履歴、保存したパスワード、キーチェーン、ヘルスケア、アクティビティもバックアップの対象になります。

    「その他」を削除して容量不足を解消する - iPhoneのバックアップを作成する

    必ず暗号化にチェックを入れてバックアップを作成する

    バックアップが完了したら、iPhoneの設定から「一般」→「リセット」に進んで、「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択します。これでiPhoneが初期化され「その他」が削除されます。

    「その他」を削除して容量不足を解消する - iPhoneを初期化する 「その他」を削除して容量不足を解消する - iPhoneを初期化する 「その他」を削除して容量不足を解消する - iPhoneを初期化する
    「一般」→「リセット」からiPhoneを初期化してその他データを削除する

    最後にiPhoneをPCに接続します。iTunesで「バックアップを復元」をクリック後、バックアップファイルを選択すると「その他」が削除された状態でiPhoneが復元されます。

    「その他」を削除して容量不足を解消する - iPhoneのバックアップを作成する

    iTunesバックアップからiPhoneを復元すると、その他が削除される

    アプリの不要なデータやキャッシュを削除する

    アプリ内にも多くの不要なデータやキャッシュを保存していることがあります。例えば、聴かなくなった音楽の一時データや読まなくなった電子書籍、メールの添付ファイルなどです。溜まりがちなアプリのデータやキャッシュも削除しておきましょう。代表的なアプリの削除例を紹介します。

    LINEのキャッシュを削除する

    LINEにも一時的に保存された再ダウンロード可能なデータがキャッシュとして保存されています。キャッシュを削除してもトークに投稿された写真やボイスメッセージ、ファイルデータ、トーク履歴が削除されることはありません。

    アプリの不要なデータやキャッシュを削除する - LINEのキャッシュを削除する
    「その他タブ」の設定→「トーク・通話」→「データの削除」からキャッシュを削除できる

    Twitterのキャッシュを削除する

    Twitterの公式アプリもタイムラインに投稿された画像やGIFアニメ、Vine、アプリ内のブラウザで表示したウェブサイトのページ、Cookie、ログイン情報などをキャッシュ保存する機能が備わっています。Twitterが保存しているキャッシュデータは非常に大きく、数GBになることも珍しくありません。

    Twitterには、「メディアストレージ」と「ウェブサイトストレージ」の2種類のキャッシュがあるので両方とも削除しておきましょう。ただし、ウェブサイトストレージで「すべてのウェブサイトストレージを削除」すると、ブラウザで入力したログイン情報も消えてしまうので注意が必要です。

    アプリの不要なデータやキャッシュを削除する - Twitterのキャッシュを削除する アプリの不要なデータやキャッシュを削除する - Twitterのキャッシュを削除する
    プロフィールの歯車アイコンから「設定とプライバシー」→「データ利用の設定」→「メディアストレージ」および「ウェブサイトストレージ」からキャッシュを削除できる

    Kindleの電子書籍データを削除する

    Kindleの電子書籍も非常に大きな容量を消費します。特に絵が多いマンガやカラー書籍はiPhoneの容量を食いつぶします。読み終えた作品の電子書籍データを削除して空き容量を確保しましょう。

    アプリの不要なデータやキャッシュを削除する - Kindleの電子書籍データを削除する
    削除したいタイトルを長押しして「端末から削除」を選択するとデータが削除される

    LINEマンガのマンガデータを削除する

    LINEマンガもダウンロードしたマンガの分、めくったページの分だけiPhone内の容量を消費します。読み終えたマンガのデータは削除しておきましょう。アプリから削除しても再ダウンロードできます。

    アプリの不要なデータやキャッシュを削除する - LINEマンガのマンガデータを削除する
    本棚で「編集」をタップして削除したいマンガの「-」をタップするとiPhoneから削除される

    大容量の写真と動画をiPhoneから転送する

    iPhoneが容量不足になってしまう最大の原因は写真と動画です。写真と動画を残しつつ、iPhoneの空き容量を増やす方法を紹介します。

    iPhoneの写真/動画をPCに保存する

    iPhoneで撮影した写真と動画をすべて残すならPCに転送するのが最も高速でカンタンです。

    iPhoneをWindows PCに接続してエクスプローラを起動(WinキーとEを同時押し)します。iPhoneを右クリックして「画像とビデオのインポート」を選択すると、iPhoneの写真と動画がPCに保存されます。

    Macの場合は写真アプリを起動します。メニューから「iPhone」を選択してiPhone内の写真と動画が表示されたら右上の「すべての新しい項目を読み込む」をクリックすると写真と動画がMacに保存されます。 読み込んだ写真はアルバムの「すべての写真」または「最後の読み込み」に表示されます。

    大容量の写真と動画をiPhoneから転送する - iPhoneの写真/動画をPCに保存する

    「すべての新しい項目を読み込む」をクリックすると、Macに写真/動画が保存される

    読み込んだ写真と動画をUSBメモリや外付けのHDDに保存したい場合は、写真/動画を選択してメニューバーから「ファイル」→「書き出す」→「XXXXX個を書き出す」または「XXXXX個の未編集のオリジナルを書き出す」をクリックします。「書き出す」を選択後、保存先にUSBメモリまたはHDDを選択して「書き出す」をクリックします。

    大容量の写真と動画をiPhoneから転送する - iPhoneの写真/動画をPCに保存する

    「ファイル」→「書き出す」からUSBやHDDに写真と動画を保存できる

    無料・容量無制限の「Googleフォト」に保存する

    大容量の写真と動画をiPhoneから転送する - 無料・容量無制限の「Googleフォト」に保存する

    PCがない、USBやSDは使いたくない人にオススメなのが、写真と動画を無料・無制限に保存できる「Googleフォト」です。

    AppStoreからアプリをダウンロードしてGoogleアカウントでサインインするだけでiPhoneで撮影した写真や動画がクラウドに保存されます。容量無制限(静止画は1,600万画素、動画は1080p以上の画質でアップロードすると容量が縮小されます)なので容量を気にして保存したい写真を探す必要もありません。バックアップ時のストレスを感じることなく利用できます。

    Googleフォトに保存された写真は人工知能で分類され、写っている人物の顔や性別、建物、場所、日付、色、形、「ラーメン」など料理の種類など様々なキーワードで写真を検索、iOSの写真アプリよりもはるかに強力な機能を備えています。GoogleフォトはiPhoneだけでなく、AndroidやPCで利用することも可能。iPhoneからAndroidに変えた時やiPhoneを紛失してiCloudにすべての写真が残っていなくても安心です。


    iPhoneが容量不足にならないためにやるべきこと

    「その他」の削除にしろ、アプリのキャッシュ・不要データの削除にしろ、一時的な容量不足の解消法でしかありません。キャッシュデータやゴミファイルはiPhoneを使っているとそのうち増えていくので定期的に削除する必要があります。

    写真の2枚保存をオフにする

    iPhoneで写真を撮影すると、同じ写真が2枚保存されることがあります。

    これは明るさの異なる3枚の写真の良いところを1枚の写真に合成することで逆光時でも自然な見た目で写真を撮影できる「HDR」によるものです。HDRをオンにして写真を撮影すると、HDRがオフの状態とオンの状態、2枚の写真がiPhoneに保存されますが、2枚の写真を使うことはほとんどないので設定から解除しておきましょう。

    iPhoneが容量不足にならないためにできること - 写真の2枚保存をオフにする
    設定の「写真とカメラ」で「通常の写真を残す」をオフにする

    容量2倍の動く写真「Live Photos」をオフにする

    iPhone 6s / iOS 9に初めて搭載された「Live Photos(ライブフォトズ)」は、シャッターボタンを押した前後1.5秒を記録するカメラ機能ですが、当然容量が大きくなるためiPhoneの空き容量が減ってしまいます。

    「Live Photos」は一度オフにしても設定が保持されず自動的にオンになりますが、設定を変更することでLive Photosのオフ設定を保持することができます。

    iPhoneが容量不足にならないためにできること - 容量2倍の動く写真「Live Photos」をオフにする
    設定の「写真とカメラ」→「設定を保持」でLive Photosをオフにする

    メッセージを定期的に自動削除する

    LINEやTwitter、Facebookの登場ですっかり出番が少なくなってしまった「メッセージ」。SMSの送受信でしか利用していないという人も多いと思います。

    残したいメッセージがない、これからもメッセージを利用することはほとんどないのであれば、受信したメッセージを自動で削除するようにしましょう。

    iPhoneが容量不足にならないためにできること - メッセージを定期的に自動削除する
    設定の「メッセージ」→「メッセージを残す」で、30日間または1年間に変更する

    音楽の容量をApple Musicで減らす

    iPhoneで音楽を聴く場合はiTunesから楽曲を購入するか、CDをiTunesに取り込んでiPhoneと同期する必要があります。

    iTunesで購入した楽曲はiPhoneにダウンロードして聴くのはもちろん、iPhoneにダウンロードせずに空き容量を節約してストリーミングで聴くこともできます。ただし、CDから取り込んだ曲はiPhoneにダウンロードするしかありません。

    そこで登場するのが「Apple Music」です。月額980円のApple Musicに加入すると、iTunesで購入した曲だけでなくCDから取り込んだ曲もストリーミングで視聴できるようになります。

    同じことはApple Musicよりも安い年額3,980円の「iTunes Match」でも利用できますが、Apple MusicならCDで取り込んだ曲だけでなく、数百万の曲もストリーミングで楽しめます。

    iPhoneが容量不足にならないためにできること - 音楽の容量をApple Musicで減らす

    ストリーミングでiPhoneの容量を大幅に削減できる

    iOS 10.3.1にアップデートするだけで空き容量が増える

    この記事を参考にiPhoneの使用容量を減らして空き容量を増やしたら「iOS 10.3.1」にアップデートしましょう。

    iOS 10.3.1で新たに導入されたファイルシステム「Apple File System(AFPS)」によってiPhoneの空き容量がさらに増えることがわかっています。増える空き容量はiPhoneの使用容量に比例するとされており、数十GBが増えたという報告もあります。ファイルシステムの変更は過去にない大規模なアップデートですが、配信日からこれまでに不具合は報告されていないので安心してアップデートしてください。

    iPhoneが容量不足にならないためにできること - iOS 10.3.1にアップデートする
    設定の「一般」→「ソフトウェアアップデート」からiOS 10.3.1にアップデートする
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    iPhoneの小ワザ、裏ワザの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー