bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • iPhoneの小ワザ、裏ワザ
  • iPhoneで画面録画(スクショ動画)する方法を解説。PCを使わない方法も
  • iPhoneで画面録画する方法。Mac/PCを使わない方法も

    iPhoneの画面を写真・画像で保存する「スクリーンショット(スクショ)」はよく利用されているが、画面を動画で録画・保存する「スクリーンレコーディング(スクレコ)」を利用したことがある人は少ないはずだ。

    iPhoneの画面を録画するにはMacに接続してQuickTime Playerを利用したり、サードパーティ製のソフトウェアを利用するなど非常に手間がかかることが理由としてあげられる。

    しかし、Appleは「iOS 11」でついにiPhoneだけで画面録画が可能な新機能を追加した。そこでこの記事ではiPhoneの画面を録画する方法を解説する。

    目次

    iPhoneだけで画面録画する方法

    「iOS 11」では、新機能「スクリーンレコーディング」が追加された。この機能を利用すればiPhoneだけでカンタンに画面を録画できる。

    録画したい画面を開いてコントロールセンターから録画ボタンをタップすると画面録画がスタートし、録画を終了したい時にもう一度コントロールセンターを開いてストップボタンをタップすると録画が終了する。なお、録画中はステータスバーが赤く表示されて録画中であることがひと目でわかるようになっている。

    iPhoneだけで画面録画する方法

    iPhoneだけで画面を録画できる「画面録画」

    「画面録画」の設定方法

    「スクリーンレコーディング」を利用するにはiOS 11で大幅に刷新されたコントロールセンターにスクリーンレコーディングの専用ボタンを追加するなどちょっとした設定が必要になる。

    コントロールセンターにスクリーンレコーディングのボタンを追加するには、まずホーム画面から「設定」を選択して「コントロールセンター」に移動する。

    iPhoneだけで画面録画する方法 - 「画面録画」の設定方法 iPhoneだけで画面録画する方法 - 「画面録画」の設定方法
    「設定」→「コントロールセンター」

    さらに「コントロールをカスタマイズ」を選択して画面を下にスクロール後、「画面録画」の項目にある「+」ボタンをタップする。これでスクリーンレコーディングのボタンがコントロールセンターに追加される。

    iPhoneだけで画面録画する方法 - 「画面録画」の設定方法 iPhoneだけで画面録画する方法 - 「画面録画」の設定方法
    「コントロールをカスタマイズ」からボタンを追加する

    「画面録画」の設定方法(動画解説)

    「画面録画」の使い方

    画面録画の使い方は非常にカンタン。コントロールセンターに「画面録画」のボタンが追加されたら、録画をスタートしたい画面にアクセス後、コントロールセンターを表示して画面録画のボタンをタップすると録画がスタートする。録画中はステータスバーが赤色で表示される。

    iPhoneだけで画面録画する方法 - 「画面録画」の使い方 iPhoneだけで画面録画する方法 - 「画面録画」の使い方
    iPhoneだけで画面を録画する方法

    画面の操作を終えて録画を終了したい場合はもういちどコントロールセンターを表示して画面録画のボタンをタップするか、赤色のステータスバーをタップして「停止」を選択すると録画が終了する。

    iPhoneだけで画面録画する方法 - 「画面録画」の使い方 iPhoneだけで画面録画する方法 - 「画面録画」の使い方
    画面録画をストップする方法

    画面録画に声を含める(マイクをオンにする)

    iPhoneのマイクを使って画面録画に自分の声を入れたり、外すこともできるが、画面録画の前に設定変更が必要だ。

    設定を変更するにはコントロールセンターを表示して画面録画のボタンを長タップして「マイクオーディオ」のボタンをタップする。赤く点灯しているとマイクがオン、無点灯の場合はマイクがオフになっている。

    iPhoneだけで画面録画する方法 - 画面録画に声を含める(マイクをオンにする) iPhoneだけで画面録画する方法 - 画面録画に声を含める(マイクをオンにする)
    左:マイクオン時、右:マイクオフ時

    なお、設定変更を忘れて録画してしまった場合は「iMovie」など動画編集アプリを使って音声を削除する必要がある。

    録画した動画の保存先と編集する方法

    録画した動画は写真アプリで確認・再生・編集ができる。ただし、編集は動画の余計な部分を削除できるトリミングだけ。また、前後の切り取りだけで中を切り取って前と後を繋ぎ合わせることはできない。

    撮影した動画を編集するには写真アプリで動画を表示したあと画面右上の「編集」をタップする。映像の下に表示されたフレームの左右をスライドすると動画をトリミングできる。

    設定を変更するにはコントロールセンターを表示して画面録画のボタンを長タップして「マイクオーディオ」のボタンをタップする。赤く点灯しているとマイクがオン、無点灯の場合はマイクがオフになっている。

    iPhoneだけで画面録画する方法 - 録画した動画の保存先と編集する方法 iPhoneだけで画面録画する方法 - 録画した動画の保存先と編集する方法
    録画した動画の編集方法

    注意:画面録画で撮影できないものがある

    画面録画ではInstagramのライブ動画、24時間の視聴制限があるストーリー、YouTubeの動画まで録画できてしまうものの、すべての画面が録画できるわけではない。コンテンツの保護の観点から「iTunes」で購入した映画など一部は録画できないようになっている。

    録画に対応していない場合は“ムービーを再生できません”と警告メッセージが表示されて動画の視聴が停止されてしまう。現在は多くのアプリが画面録画できてしまうようだが、アップデートによって録画できなくなりそうだ。なお、標準のカメラアプリで撮影した映像も「画面録画」で記録できる。

    注意:画面録画で撮影できないものがある

    iTunesで購入した映画など一部コンテンツは録画できない

    iPhoneをMac(QuickTime Player)で録画する方法

    iPhoneの電池が残り少ない時やMacで動画を編集したい場合はiPhoneの「スクリーンレコーディング」を利用するよりも最初からMacを使って録画した方が効率が良い。

    Macで画面録画するには、まずLightningケーブルを使ってiPhoneとMacを接続する。その後、「QuickTime Player」を起動してメニューバーから「メニュー」を選択して「新規ムービー収録」をクリックする。

    iPhoneをMac(QuickTime Player)で録画する方法

    「新規ムービー収録」をクリックする

    “ムービー収録”の画面が表示されたら赤い円で表示された録画ボタン横の「v」をクリックしてMacに接続しているiPhoneをクリックする。するとMacにiPhoneの画面が表示される。

    iPhoneをMac(QuickTime Player)で録画する方法

    録画対象をiPhoneに変更する

    あとは赤い円で表示された録画ボタンをクリックするだけで録画がスタートする。操作を終えたら停止ボタンをクリックすると録画がストップする。

    iPhoneをMac(QuickTime Player)で録画する方法
    録画ボタンをクリックすると録画が開始される

    録画した動画を保存したい場合はメニューバーから「ファイル」を選択して「保存」をクリックする。

    iPhoneをMac(QuickTime Player)で録画する方法

    動画の保存はメニューバーから
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    iPhoneの小ワザ、裏ワザの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー