iPhone 3Gを購入するにはWホワイトプランの契約が必須?

iPhone

iPhone 3Gを購入するにはWホワイトプランの契約が必須?


7月11日に発売された「iPhone 3G」。発売当日からそこら中でレビューなどが行われていますが、ちょっと気になったエントリーを見かけました。

それはデジタルマガジンさんの「ボクがiPhone 3Gの購入をやめたワケ」というタイトルのエントリー。

まだソフトバンクはこんなことをやっているのか?

簡単にデジタルマガジンさんのエントリーを説明すると、iPhone 3Gの仮予約を取り付けたが後日、予約を取り付けたソフトバンクショップから発売日にiPhone 3Gを受け渡すのは難しいと言われ、別の店で予約を行った。そして、発売日にソフトバンクショップまで1時間半をかけiPhone 3Gを受け取りにいくと「Wホワイトプラン」に加入しないとiPhone 3Gの販売は行えないと言われたそうです・・・。

ソフトバンクショップ全店で行っているわけではなく、一部の店舗で行われているようです。理由はインセンティブ。Wホワイトプランを契約させることでソフトバンクモバイルからいくらかのインセンティブを受け取ることができるからというユーザーを完全に無視したくだらない理由。

ちなみに、iPhone 3Gを購入するためにWホワイトプランに契約させるという行為は抱き合わせ商法として独禁法に当たるかもしれません。

「0円広告」などは消費者がちょっと勘を働かせれば気づけた事だが、さすがに今回の事は気づきようがない。発売日にソフトバンクショップにまで行きながらiPhone 3Gの購入を諦めたということなので恐らく予約が確定した時に店員から注意はなかったのでしょう。

auがぷりペイドカードで純増数を水増ししていた事件もauの指示ではなくauショップがインセンティブを稼ぐために勝手に行っていた事でしたが、携帯電話事業者はもうすこし携帯ショップへの指導を行うべきではないでしょうか?

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

NTTドコモ

2021/04/18
ahamo、有料の店頭サポートは1回3300円か

iPhoneの噂・最新情報

2021/04/16
iPhone 13 mini、本体の厚みとカメラの出っ張り増加?

iPhoneの噂・最新情報

2021/04/16
iPhone 13 Pro Maxのサイズ判明か。図面流出

au

2021/04/16
携帯3社、オンラインで端末のみ購入解禁へ。ドコモは非契約者にケータイ補償サービス提供
Recommendこんな記事も読まれています