iPhone2.2で絵文字・ストリートビューに対応?

iPhone

iPhone2.2で絵文字・ストリートビューに対応?


一部の開発者向けにiPhone2.2beta版の提供が始まっているわけですが、iPhone2.2には絵文字の対応とGoogleマップのストリートビューの対応が含まれているようです。

日本で「iPhone 3G」が売れない理由として絵文字のサポートがされてないことやプッシュ通知できないことなどが挙げられるわけですが、ついに絵文字には対応するのかもしれません。

しかし、beta版で組み込まれた機能が正式版で除外された機能があるわけで・・・。

iPhone v2.2アップデートで絵文字・ストリートビュー対応? – Engadget Japanese

この記事によれば、「iPhone v2.2beta」でiPhoneが絵文字やストリートビューに対応する要素が含まれているとのこと。他にもテキストの自動訂正機能のOn/Off機能が備わるのではないかと噂されているようです。

iPhone2.2はストリートビューと絵文字もある? : Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン), ガジェット情報満載ブログ
この記事によれば、絵文字のスクリーンショットは合成ではないかとも言われているわけですが、真相はどうなのでしょうか?画像を公開したMacRumorsでは「未発行のAPIを呼び出して生成したスクリーンショット。画像はUIKit.frameworkのアートワーク専用ファイルに保存されています」と解説しています。

日本でのiPhone 3Gの売り上げが悪いことはAppleも当然解っているわけでその対策にようやく乗り出したのかもしれませんが、beta版で絵文字やストリートビューをサポートする要素を含んでも正式版では対応していなかったりするわけです。新しい記憶としてはコピペ機能ですよね。

しかし、各キャリアの2008年秋冬モデル発表・発売前にサポートしなければ確実にiPhone 3Gの需要がますます落ち込むわけです。2年契約によって今後2年間は携帯電話を購入しないというユーザーが増えるわけですからね。

絵文字もコピペもやるなら早めに!

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

スマホのアクセサリ・グッズ

2021/01/26
「Anker PowerCore Fusion 10000」レビュー。容量倍増モバイルバッテリー+充電器

スマホのアクセサリ・グッズ

2021/01/26
復活。モバイルバッテリー+充電器「Anker PowerCore Fusion 10000」が発売

Apple Watch

2021/01/26
噂:Apple Watch Series 7、無採血で血糖値の測定可能に?

LINE Pay

2021/01/25
スターバックス、PayPayとLINE Payのコード決済に対応
Recommendこんな記事も読まれています