bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iPhoneが制限付きで絵文字に対応。

iPhone
iPhoneが制限付きで絵文字に対応。
11月21日にAppleより「iPhone 2.2」ソフトウェアアップデートが提供され、iPhoneが絵文字やGoogleストリートビューに対応しました。

「iPhone 2.2」によって絵文字に対応したものの、「i.softbank.jp」のアカウントで送信することや送信先がソフトバンクモバイルの端末であることなど一部制限機能が実装されています。

Safariの安定性とパフォーマンスの向上も。

「iPhone 2.2」によって更新される内容は以下。

絵文字機能をサポート
・マップ機能を強化
Google ストリートビュー
・公共交通機関および徒歩による経路情報
・ドロップされたピンの住所を表示
・メールによる位置情報の共有
・メール機能を強化
・スケジュールによるメールのフェッチに関する原因が特定された問題を修正
・横幅の長い HTML メールのフォーマットが向上
Safari の安定性およびパフォーマンスが向上
・Podcast の iTunes アプリケーション(Wi-Fi および携帯電話ネットワーク経由)でのダウンロード
・通話着信時のエラーおよび回線切断の発生頻度が減少
・Visual Voicemail メッセージの音質が向上
・いずれかのホーム画面表示時にホームボタンを押すと、最初のホーム画面に移動
・キーボード設定の自動修正機能のオン/オフ設定

目を見張るものはやはり絵文字やGoogleストリートビューの対応とSafariの安定性とパフォーマンスの向上でしょう。

特にiPhoneが売れない原因としてよく挙げられる絵文字に対応したことが大きいのではないかと。
しかし、今回のアップデートで対応したのは「i.softbank.jp」のアカウントで送信することや送信先がソフトバンクモバイルの端末であることなど一部制限があります。

まぁ、全キャリアに対応することは時間の問題でしょうね。年内に対応することができれば年末商戦で販売台数を稼ぐことができますが、日にち的に難しいかもしれません。

Googleストリートビューのサポート状況は以下で確認できます。
全部見せます これが「iPhone 2.2」の絵文字だ!!

Safariには、画面右上にGoogleの検索バーが追加されているようですよ。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

ニンテンドースイッチ

2019/07/17
最大2.5時間も電池持ちがアップした新モデル「ニンテンドースイッチ」が発売

NTTドコモ

2019/07/17
ドコモ、iPhone XSやGalaxy S9など人気のスマホ5機種を最大1.9万円値下げ

スマホアプリ

2019/07/17
東京ディズニーランド/シー、公式アプリでファストパスが取得可能に

iPadの噂・最新情報

2019/07/17
Appleのレインボーロゴ復活か。一部の新製品で年内にも
Recommendこんな記事も読まれています