東芝が携帯電話の国内製造から撤退へ。

Yusuke Sakakura

東芝が携帯電話の国内製造から撤退へ。


東芝は5月20日(水)に携帯電話の国内製造から10月に撤退すると発表しました。

現在、東京日野市にある日野工場で行っている製造を全て海外企業に委託し、携帯電話の国内製造から撤退。販売や開発、設計、修理業務等は引き続き行うとのこと。

そのうち東芝も携帯電話市場から撤退してしまうのでしょうか・・・。

東芝:ニュースリリース (2009-05-20):携帯電話の生産体制の見直しについて

東芝が5月20日(水)に携帯電話の国内製造から10月に撤退すると発表しました。

東京日野市で行っている製造は工場を含めて海外企業に委託、国内での販売は引き続き行うとのこと。

撤退の原因は、国内市場の縮小も影響して、携帯電話事業は赤字になっていたこと。コスト削減を図るため、海外企業に製造を委託し、コストの削減を図るようです。

現在出回っている修理業務や開発、設計は日野工場に残し、製造部門の従業員約200人は配置転換を行う。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています