bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

総務省、4キャリアへ3.9Gの周波数帯割り当て。LTE導入へ。

ニュース
総務省、4キャリアへ3.9Gの周波数帯割り当て。LTE導入へ。
総務省は、NTTドコモやau、ソフトバンクモバイル、イー・モバイル、沖縄セルラーが申請していたLTEの基地局開設計画を認定したと発表しました。

LTEとは、LongTermEvolutionの略称で、現在日本で最も普及しているW-CDMAやCDMA2000といった3Gと2010年以降の導入が噂される4Gをスムーズに以降させるための通信規格となっています。

NTTドコモが2010年12月をサービス開始時期としています。

総務省|3.9世代移動通信システムの導入のための特定基地局の開設計画の認定

NTTドコモやau、ソフトバンクモバイル、イー・モバイル、沖縄セルラーの5社は、5月7日にLTEの基地局開設免許を総務省に申請していました。無事全てのキャリアの基地局開設計画が適当であると判定され、開設計画が認定されました。

各キャリアへ割り当てられる周波数も決定。
各キャリアに割り当てられる周波数帯についても決定しました。
各キャリアごとの割り当てられた周波数。

NTTドコモには1.5Ghz帯の15MHz分、auと沖縄セルラーには1.5GHz帯の10MHz分、ソフトバンクモバイルには1.5GHz帯の10MHz分、イー・モバイルには1.7GHz帯の10MHz分が割り当てられました。

NTTドコモの周波数帯については、東明阪のデジタルMCAの使用期限が切れる2014年3月末まで一部利用できないという制限が設けられています。

NTTドコモが最速でLTEを提供へ。
また、LTEの導入に向けたロードマップも公開されました。
各キャリアのロードマップ。

NTTドコモが最速となる2010年12月をサービス開始時期としており、次いでauとイー・モバイルが2012年にサービス開始を予定しています。

ソフトバンクモバイルは、2010年4月にHSPA+の商用サービスを予定、2011年7月にはDC-HSDPAを展開する予定。LTEについては加入状況を見ながら検討するという範囲で留まっています。

携帯電話を買い換えるタイミングは今冬?
NTTドコモが2010年12月に全キャリアの中で最も速くLTEを提供するわけですが、ちょうど2010年秋冬モデルが発表される頃です。LTEを速く体感したい人にとっては、2年縛り付きの販売方式が主流になっている今、携帯電話を買い換えるとすれば今冬がベストだと思います。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Twitterの使い方

2019/11/22
Twitterで2段階認証を設定・オフにする方法

Twitterニュース

2019/11/22
Twitter、2段階認証で電話番号の登録不要に。番号の削除にも対応

セール

2019/11/22
Amazon、日本初のブラックフライデーセール開始〜注目商品まとめ

iOS

2019/11/22
Apple、「iOS 14」は品質向上に注力。不具合だらけのiOS 13から改善
Recommendこんな記事も読まれています