bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ドコモ、来年3月までに20機種以上の新モデルを発売。

ニュース

ドコモ、来年3月までに20機種以上の新モデルを発売。

NTTドコモの中村維夫社長が定例会見で、今年度下期に20機種以上の新端末を出すと話した。

その20機種以上の新モデルの内訳としては、903iシリーズを6機種。カメラ機能がないSIMPUREシリーズが2機種。キッズケータイ「SA800i」のカラーバリエーション1機種。70xiシリーズ10機種。ワンセグケータイ3機種が含まれるほか、HSDPA端末も2機種発売する予定としています。
その他にもビジネスケータイである「N900iL」の後継機種を来年早々にもリリースする準備をしているようです。

当初、秋冬モデルにワンセグケータイを投入しようとしていましたが、ずれ込んだようですね。


新機種リリースの少ないドコモが今年は、年間約50機種を投入予定です。
中村社長自らが、新端末投入計画を、機種数まで事前に発表するのは異例のことです。
10月24日に開始されるナンバーポータビリティを前に他2キャリアが相次いで新端末を発表しました。これに対し、ドコモも戦略的な新端末の準備をしていることを強調した格好です。

ナンバーポータビリティにおいての各キャリアの戦略はたぶんこうでしょう。


・DoCoMo
ナンバーポータビリティによってユーザーが大移動することはないと話しました。
新機種をMNPの前にリリースすることによってユーザーを獲得するよりも「これからDoCoMoはこんな風に新機種を投入していきますよ」というようにDoCoMoユーザーの他キャリアへの移動を防ごうといった戦略ですね。

・au、vodafone
MNPを前に新機種を発表、リリースすることにより他のキャリア(特にユーザー数が最多数であるDoCoMoから)からユーザーを自キャリアへ連れ込もうといった戦略といえると思います。


DoCoMoの戦略が吉と出るのでしょうか?
MNPによってキャリア変更を決めているのは全キャリア通じて2割程度だそうです。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Googleニュース

2018/11/14
Google、App Storeの手数料30%を上乗せして「YouTube Premium」を提供

YouTube系

2018/11/14
Spotify対抗、広告付きなら無料で音楽聴き放題の「YouTube Music」登場

Apple Watch

2018/11/14
ようやく「Spotify」のApple Watchアプリが登場。オフライン再生の予告も

Appleニュース

2018/11/14
iPhoneで「Apple IDがロックされています」の報告相次ぐ。大規模なハッキングが原因か
Recommendこんな記事も読まれています