2010年4月に最も売れたのは「Xperia」

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2014/10/11 23:24

2010年4月に最も売れたのは「Xperia」


4月に発売されてから今も在庫不足が続いてるソニー・エリクソン製のAndroidをOSに採用した「Xperia」が2010年4月度で最も売れたケータイになったようです。

2位はらくらくホン ベーシックII、3位はAQUOS SHOT SH-01B

2010年4月の携帯電話ランキング、ドコモのスマートフォン「Xperia」が1位に(1/3)

興味深いのは3月までの過去半年間の携帯電話全体の販売台数のシェアはスマートフォンが1割にも満たない状況で、その1割は殆どiPhoneという状況だったのが、Xperiaが発売された4月はXpriaが56.6%でiPhoneのシェアが36.1%までダウンしたこと。

アメリカではBlackBerryの登場により、数年も前にスマートフォンブームが起き、そのスマートフォンブームにiPhoneが乗っかったという状況。一方、日本ではiPhoneによりスマートフォンブームが起き、iPhone以外のスマートフォンは売れないという状況-まさにiPhoneブーム。

そのiPhoneブームの中でXperiaがたった1ヶ月とはいえ販売台数でトップを取った事で、iPhone独占だったスマートフォン市場に競争を生む事になり、今後は海外の様にRIMやiPhone OS、Androidといった色々なOSが競争を繰り広げるスマートフォンブームに変わっていくキッカケにもなるのではないしょうか。

コメント

コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています