bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

総務省、SIMロック解除に関するガイドラインを再発表。

ニュース

総務省が先月公開したガイドラインに対する法人・個人からの意見を踏まえ、新たにSIMロック解除に関するガイドラインを発表しました。

今回発表されたガイドラインによれば、SIMロックの解除は総務省ではなく、キャリアによる主体的な取り組みにより行われ、SIMロック解除可能な端末からSIMロック解除を実施することを期待するとのこと。

ん~・・・ちょっと早かったかもという内容。

携帯電話:SIMロック解除促す 総務省が指針 – 毎日jp(毎日新聞)

SIMロック解除の対象となる端末は2011年以降に発売されるもので、その中でも対応可能なものからSIMロックの解除を行うようです。

今後、キャリアはSIMロック解除が可能な端末や方法、条件などを明示し、SIMロックの解除を行った端末を発売する際にはSIMロックの解除によって発生するメリット・デメリットをユーザーに説明する必要があるとのこと。

また、SIMロックの解除を導入するにあたって、話題となった端末の故障の際のサポートについては、通信サービスを提供するキャリアと端末の販売を行ったキャリアで取次ぎ方法などの協議を今後進めるとのこと。

個人的にはまだ、早かったかなーという内容ですね。SIMロック解除端末の端末料金の目安までとは言わないまでも、せめて端末の具体的なアフターサポート方法ぐらいは発表してもらいたかったですね。

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

ソフトバンク

2020/10/22
ソフトバンク、2020-21年の学割開始。6ヶ月間・月額900円から

iPhone 12

2020/10/22
iPhone 12シリーズ、購入検討で「12」がダントツ人気。5Gが最も魅力に

iPhone 12

2020/10/22
iPhone 12、5G接続時に電池持ち悪化。Androidにも敗北

SIM関係

2020/10/21
総務省、eSIM普及で携帯料金値下げか。値下げ効果に大きな疑問
Recommendこんな記事も読まれています