AT&T、スマートフォンヘビーユーザーのパケット通信速度を制限。日本のキャリアにも影響?

ニュース

AT&T、スマートフォンヘビーユーザーのパケット通信速度を制限。日本のキャリアにも影響?


AT&Tがパケット通信のトラフィック緩和のための対応策として、10月1日より無制限データ通信プランを契約する一部のヘビーユーザーを対象にパケット通信速度を制限することを発表しました。

10月1日はiPhone 5のリリースに合わせたもの?

パケット通信速度が制限されるのは、無制限データ通信プランの契約者でパケット使用量が最も多い上位5%のユーザーが対象となります。また、対象となるユーザーには複数回事前に通知をするとのこと。

ちなみに、上位5%のユーザーは平均的スマートフォンユーザーの約12倍のデータ使用料になるそうです。

米国のキャリアでは、トラフィック緩和の対応策を先行して実施しており、ベライゾン・ワイヤレスでは7月にスマートフォン向けのパケット定額通信プランを廃止し、全てのパケット定額サービスを従量制のものに変更しています。

今後、日本でも同様の対応が取られることが予想されており、ソフトバンクモバイルの孫正義氏はいずれ欧米の様に見直しが必要になるとしています。

ちなみに、10月1日という開始時期はiPhone 5のリリース時期に合わせたものと言われているようですよ。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

NTTドコモ

2021/04/18
ahamo、有料の店頭サポートは1回3300円か

iPhoneの噂・最新情報

2021/04/16
iPhone 13 mini、本体の厚みとカメラの出っ張り増加?

iPhoneの噂・最新情報

2021/04/16
iPhone 13 Pro Maxのサイズ判明か。図面流出

au

2021/04/16
携帯3社、オンラインで端末のみ購入解禁へ。ドコモは非契約者にケータイ補償サービス提供
Recommendこんな記事も読まれています