Googleマップに渋滞状況の表示機能が追加。Androidではナビ利用時に渋滞を考慮した経路検索が可能に。

ニュース

Googleマップに渋滞状況の表示機能が追加。Androidではナビ利用時に渋滞を考慮した経路検索が可能に。


GoogleはPCやスマートフォン向けに提供するGoogleマップにおいて渋滞状況をリアルタイムに表示する機能「交通状況」の提供を開始しました。

交通情報の信憑性については・・・?

情報元:Google Japan Blog: 交通状況がGoogle マップで見られるようになりました

Googleマップの「渋滞状況」は今年の3月に北アメリカとヨーロッパ向けに提供されており、日本での提供は未定となっていたものが今回リリースされた形ですね。

今回提供された「交通状況」ではスマートフォンから送信される位置情報や移動速度の情報を元に計算されているとのこと。他の企業や他の団体から情報が提供されているというわけではないみたいです。

この方式を取ると歩行中のユーザーの移動速度まで渋滞情報の計測データとして取ってしまうということですよね。
多少は考慮したアルゴリズムになっているのかもしれませんが、歩行者のデータと車のデータを見分けるのはかなり難しく推測ですが正確な情報ではないかと思います。

また、分母となる人工またはスマートフォンユーザーが多い地域では信憑性の高い情報となりますが、それらが少ない地域では逆に信憑性の低い情報となってしまうため、利用する際にはちょっと気をつける必要がありますね。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhone 12

2021/04/11
iPhone 12 mini/SE2、“11”よりも売れず。最も売れたスマホトップ5圏外に

セール

2021/04/10
5,000円オフ+カバーも無料、Fire HD 10 タブレットがセール

Pixelの噂・最新情報

2021/04/10
Pixel 5a 5Gの発売日は8月〜9月。発売中止をGoogleが否定

iPhoneの噂・最新情報

2021/04/09
iPhone 13、リフレッシュレート120Hzでも電池長持ち?
Recommendこんな記事も読まれています