bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iPhone5での採用も噂されるnanoSIMカードが標準規格に決定。

ニュース
Photo By kalleboo
iPhone5での採用も噂されるnanoSIM。現在提供されているmicroSIMよりも40%小さいことが特徴とされており、採用されれば端末に採用されるバッテリーの容量を大きくできるなどのメリットがあります。

ただし、nanoSIMには2つの規格が存在しており今回の発表ではどちらが採用されるのかまでは明らかになっていません。
情報元
ETSI、「nano-SIM」の標準化で合意 – CNET Japan

nanoSIM標準化までの経緯。
iPhone5への採用も噂されるnanoSIMは、G&D社が2011年11月に打ち出しました。

AppleはnanoSIMの発表よりも前に現在の標準規格であるmicroSIMカードが小さくなればと望んでいたころからAppleとG&Dは何らかの形で協力関係にあるのでないかと噂されるようになります。

その後、Nokia、RIM、Motorolaの3社が異なるnanoSIMの規格を打ち出したことにより、nanoSIMの標準規格を巡る各社の関係は「G&D・Apple連合 vs Nokia・RIM・Motolora連合」という形になります。

どちらのnanoSIM規格を採用するかは決まっていない。
今回明らかになったのはnanoSIMを標準規格とするものであって、どちらのnanoSIM規格を採用したかはいまのところ明らかになっていません。

Nokia・RIM・Motoloraが提唱しているnanoSIM規格にはトレーが不要でG&DとAppleの規格よりもコンパクトでコストがかからないと言われています。前述したとおりnanoSIMの特徴はサイズダウンできることですから優れているのはNokia・RIM・Motoloraの規格なのかもしれませんね。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

ソフトバンク

2020/10/22
ソフトバンク、2020-21年の学割開始。6ヶ月間・月額900円から

iPhone 12

2020/10/22
iPhone 12シリーズ、購入検討で「12」がダントツ人気。5Gが最も魅力に

iPhone 12

2020/10/22
iPhone 12、5G接続時に電池持ち悪化。Androidにも敗北

SIM関係

2020/10/21
総務省、eSIM普及で携帯料金値下げか。値下げ効果に大きな疑問
Recommendこんな記事も読まれています