小中高生のスマートフォン所有率は30%。たった6ヶ月で倍以上に。

bio
Yusuke Sakakura

小中高生のスマートフォン所有率は30%。たった6ヶ月で倍以上に。

Photo By Denis Dervisevic
デジタルアーツが未成年の携帯電話とスマートフォンの利用実態調査を行ったところ、小中高生のスマートフォン所有率は30.6%となったようです。
昨年度のタブレット国内出荷は2・3倍 アップルがシェア6割超 – SankeiBiz(サンケイビズ)

デジタルアーツが発表した調査結果によると、小中高生のスマートフォン所有率は2011年12月の14.4%から30.6%と倍以上の所有率となったとのこと。特に女子高校生は54.4%と半数以上がスマートフォンを所有していることが明らかになったようです。

電車で学生がスマートフォンを利用する姿はよく見かけますしね。30%という所有率は高いというよりもまだ低いと感じますね。スマートフォンが本格的に普及したのは昨年からなのでここ1~2年で所有率は大幅に高くなりそうです。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています