6秒動画を共有できる「Vine」、Facebookの一部APIが利用不可に。

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2014/10/11 23:26

6秒動画を共有できる「Vine」、Facebookの一部APIが利用不可に。


昨日Twitter社がiOS向けにリリースした6秒の短い動画を共有できる「Vine」ですが、たった1日でFacebookの一部APIが利用不可となったようです。

Facebookの友達検索など不可能に

たった1日で利用できなくなったのはFacebookからの友達検索機能。

Vineの友だち検索機能「Find People」にアクセスし、FacebookのアイコンをタップするとVineからFacebookへのリクエストが許可されていないとメッセージが表示され、友達検索ができなくなっています。


Facebookへの投稿は可能

Facebookへの投稿をテストしてみたところ、これについては問題なく機能し、Facebookへ投稿することができました。


Facebookは全機能の提供を拒否するのではなく、特定のものに限って提供を拒否しているのかもしれません。

VineはFacebookのAPI利用ポリシーに違反しているのか

FacebookはAPIの利用ポリシーについて以下の通りとしています。

われわれが提供している機能を模倣するために、あるいは、Facebookで手軽に共有できる方法をユーザーに提供しないなど、Facebook上の人々にとってほとんど価値を生み出さない方法で自らの成長の足がかりとするためにFacebookを利用しているごく少数のアプリケーションについては、ポリシーを改定して対抗した。

情報元:Facebook、一部アプリに対する遮断措置について説明 – CNET Japan


Vineがこのポリシーに反していると判断したため、FacebookはVineの友達検索機能を無効にしたようです。

しかし、VineからFacebookへ動画を共有することは可能であるため、Facebookユーザーに一定の価値を生み出しているように思えますが・・・。
コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています