bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

アメリカにてキャリア許可無しのSIMロック解除が違法に

SIMロック
Photo By kalleboo
1月26日よりキャリアの許可なしにSIMロックを解除する行為がアメリカでは違法となりました。
情報元
米国で1月26日より携帯キャリアの許可なしでの「SIMロック解除」が違法に | 携帯 | マイナビニュース

猶予期間が終了

時代に見合った内容にするべく、デジタルミレニアム著作権法の改正が3年に1回見直しが行われています。

※デジタルミレニアム著作権法ーデジタル化された情報における著作権法

2012年10月に実施された同法の見直しにはSIMロックについて審査後、執行が決定。10月28日より90日間の猶予期間が設けられていましたが、1月26日に猶予期間が切れたため、同日より違法となりました。

同改正はアメリカに限った話しであり、日本国内では適用されません。

SIMロック違法化のわけ

数年前にSIMロックにおける議論が国内でも交わされましたが、ここ最近はあまり活発ではなく忘れてしまった人もいるのでおさらいしておきます。

スマートフォンや携帯電話はとても高価であることからインセンティブを適用することにより、割安でユーザーに端末を提供しています。

インセンティブは月々の使用料金からキャリアが回収していますが、このインセンティブを確実に回収するため、SIMロックをかけて他キャリアのサービスが使えないようにしているというわけです。

つまり、SIMロックを解除されて他キャリアのサービスを使われると、キャリアが損をするため違法化に至ったということです。

脱獄やroot取得などの制限解除も一部違法に

デジタルミレニアム著作権法にはOSの制限を解除する脱獄やroot権限の取得行為においても言及されており、タブレットで実行した場合は違法となります。

iPhoneなどスマートフォンや携帯電話については現時点で合法とされています。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

LINEモバイル

2019/02/20
LINEモバイル、本田翼さん起用の新テレビCMを公開

Galaxyの噂・最新情報

2019/02/20
折りたたみスマホ「Galaxy Fold」のプレス画像が発表直前で流出

キャッシュレス

2019/02/20
メルペイ 、3月中旬にQRコード決済に対応。Android版は2月末以降に

LINEモバイル

2019/02/20
LINEモバイル、誰でも参加できる1年間・月額無料のキャンペーンをスタート
Recommendこんな記事も読まれています