2012年第4四半期のスマートフォン出荷台数、トップはサムスン。ソニーは4位に。

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2014/10/11 23:26

2012年第4四半期のスマートフォン出荷台数、トップはサムスン。ソニーは4位に。

Photo By Stephane <3
IDCが実施した2012年第4四半期の世界携帯端末市場調査によると、スマートフォン出荷台数ランキングにおいてサムスンが首位となったことが明らかになりました。
情報元
世界スマートフォン出荷台数でHuaweiが初のトップ3入り──IDC調べ – ITmedia ニュース

中国のファーウェイが躍進!

前年同期比の出荷台数伸び率ではファーウェイが89.5%と大幅に躍進、次いでサムスンが76.0%、ソニーが55.6%となり、AppleはiPhone5が過去最高の売り上げとなったものの、伸び率は29.2%で上位5位では最も低い結果となりました。

ファーウェイは低価格のスマートフォンと日本向けにも投入されたAscendシリーズで出荷台数を伸ばしたようです。

Appleがサムスンとの差を縮める

前期は16.3%ついていたシェアは、AppleのiPhone5が過去最高の売り上げを記録し、今期は7.2%まで縮まっています。

ただ、昨年同期はAppleがサムスンを0.5%上回ってシェアトップとなっていましたが、たった1年で逆転されてしまっています。
コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています