bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

LTEの通信速度比較で日本は9カ国中最下位ードコモが大きく足を引っ張る結果に

ニュース

オープンシグナルが実施した「世界各国のLTEによる通信速度比較」調査によれば、日本は9カ国中最下位となったようです。
情報元
世界のLTEネットワーク通信速度比較、日本は9ヶ国中最下位(編集担当メモ) – WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)

日本とアメリカは10Mbpsにも届かず

オープンシグナルの調査はAndroidスマートフォンにインストールされた通信速度計測アプリにて集計されたデータを元にしたもの。

調査結果は以下の画像の通りです。スウェーデンが唯一22Mbpsを上回って圧倒的にトップ、アジア圏では香港が2位、韓国が6位となっています。


一方で日本は7.1Mbpsと、アメリカとともに10Mbpsを下回る結果になっています。

ソフトバンクとauのみならば7位に

オープンシグナルではキャリア別の平均通信速度も公開しており、日本ではソフトバンクが16.2Mbps、auが14.8Mbpsとなっています。

2キャリアのみであれば15.5Mbpsとなり、ドイツの14.4Mbpsを抜いて7位まで上昇することとなりますが、NTTドコモが5.5Mbpsを記録しており、両キャリアの足を大きく引っ張る形となりました。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Appleニュース

2018/10/17
Apple渋谷、オープン前に巨大なイルミネーションとして姿を現す

NTTドコモ

2018/10/17
1つの電話番号をスマホと共有できる「ワンナンバーフォン」が10月下旬発売

Android

2018/10/17
ドコモ、Android 9 Pieのアップデート機種を発表

NTTドコモ

2018/10/17
実質1万円、世界最薄・最軽量の4Gケータイ「カードケータイ」が11月下旬発売
Recommendこんな記事も読まれています