bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

【iPhone Tips】iPhoneをMacに接続した時にiPhotoを起動させない方法

iPhoneの小ワザ、裏ワザ

iPhoneを充電するためにMacに接続する人って結構いると思います。僕も充電器は使わずにMacで充電する派なんですが、接続する度にiPhotoが起動してきてうざいので、iPhoneをMacに接続してもiPhotoを起動させない方法を紹介します。

イメージキャプチャから割り当てを削除する!

iPhotoを起動し、環境設定をひと通りみたもののそれらしき設定箇所はなく、断念した人も多いのではないでしょうか。

僕もそんな経験を何回かやったんですが、どうやらiPhotoではなく「イメージキャプチャ」から設定しなければいけないようです。

Launchpadを起動して「イメージキャプチャ」を検索後、起動します。


起動すると、Macに接続しているiPhoneが表示されるので選択後、左下の「このiPhoneを接続時に開くアプリケーション」にて「割り当てなし」に変更したらイメージキャプチャを終了します。


たったこれだけでiPhoneをMacに接続してもiPhotoが勝手に起動することがなくなりますよ!

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

AirPods

2019/02/16
新型「AirPods 2」、黒色の発売濃厚?発売日は今春か

スマホのアクセサリ・グッズ

2019/02/15
ようやく安価なサードパーティ製品解禁。AnkerがUSB-C & Lightningケーブルを3月発売

キャッシュレス

2019/02/15
「メルペイ」の使い方を解説。使えるお店、チャージのやり方、電話番号の変更も

NTTドコモ

2019/02/15
ついに中古スマホのSIMロック解除が可能に。ドコモが20日から開始
Recommendこんな記事も読まれています