2012年12月~2013年2月のスマホシェア、AppleとiOSが急伸。GoogleとAndroidは大幅減に。

Yusuke Sakakura

2012年12月~2013年2月のスマホシェア、AppleとiOSが急伸。GoogleとAndroidは大幅減に。


Photo By Tsahi Levent-Levi
米調査会社のcomScoreが2013年1月2012年12月~2013年2月における米国のスマートフォン市場におけるOSシェアとメーカーシェアの調査結果を公開しました。
情報元
comScore Reports February 2013 U.S. Smartphone Subscriber Market Share – comScore, Inc

AndroidとiOSのシェアが90%に。

OS別のシェアでは2012年12月前回より3.9%も上昇させたAppleが伸び率で首位を獲得。一方でGoogleは2%も減少させています。
2013年1月のOS別シェアーcomScore調べ

第3のOSとしてはBlackBerryも1.9%の大幅減、Microsoftは0.2%と若干上昇させています。

メーカー別のシェアではAppleが3.9%も上昇(OSと同値)させてこちらも首位を獲得。2位は1%上昇させたサムスンとなっています。
2013年1月のメーカー別シェアーcomScore調べ

シェアを上昇させたのはAppleとサムスンの2社でHTC、Motorola、LG電子いずれもシェアを落とす結果となっています。

ということでOSではAppleとGoogleが、メーカーではAppleとサムスンが2強体制を築く結果となっています。

【2013/04/05 20:05 更新】
2013年1月の調査結果としていましたが、2012年12月~2013年2月の平均値の間違いでした。当該箇所を修正しています。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Latest新着記事

AirTag

2021/05/06
新着記事
AirTagのストーカー対策による警告音は小さく15秒・一定間隔と判明

Twitter

2021/05/06
Twitter、ようやく縦長画像に対応。縦長にならない原因は?

Twitter

2021/05/05
Twitter、広告ブロックサービス「Scroll」買収。自社サブスクで提供へ

Pixelの噂・最新情報

2021/05/05
新型フルワイヤレスイヤホン「Pixel Buds A-Series」を誤ってGoogleが発表→削除
Recommendこんな記事も読まれています