2013年1月〜3月のスマホ販売シェアはiPhoneがAndroidを若干上回る結果に

Yusuke Sakakura

2013年1月〜3月のスマホ販売シェアはiPhoneがAndroidを若干上回る結果に


Photo By marco51186
カンター・ジャパンが2013年1月〜3月に販売されたスマートフォンのシェアを調査した結果、日本ではiPhoneが49.2%、Androidが45.8%となり、iPhoneがわずかながらAndroidを上回る結果となったようです。

前回調査時のiPhoneのシェアは66.2%

カンター・ジャパンは2013年1月から3月にスマートフォンの新規契約および機種変更を行ったユーザーを対象に調査を実施。

公表された資料によると、日本での調査結果では、iPhoneが49.2%、Androidが45.8%となったようです。


また、海外8カ国で調査を実施したところ、アメリカと日本以外ではAndroidが過半数のシェアを占めていることがわかったようです。


さらに、昨年同期時の調査と今回の調査結果を比較したところ、対象国全てで(日本と中国は前回調査なし)Androidの販売シェアが拡大したと伝えています。


ちなみに、2012年10月〜12月の調査結果ではiPhoneが66.2%、Androidが31.9%となっており、日本ではiPhoneのシェアが過半数を超えていましたが、今回の調査結果では過半数を割ったことになります。

これは、カンタージャパンの調査がスマートフォンの新規契約および機種変更を行ったユーザーを対象にしていることと、iPhone5の販売から一定の期間が経過したことが大きく影響していると思われます。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Latest新着記事

Twitter

2021/05/05
新着記事
Twitter、広告ブロックサービス「Scroll」買収。自社サブスクで提供へ

Pixelの噂・最新情報

2021/05/05
新型フルワイヤレスイヤホン「Pixel Buds A-Series」を誤ってGoogleが発表→削除

Android

2021/05/04
Android、2021年5月のセキュリティアップデート配信開始

iOS 14

2021/05/04
iOS 14.5.1配信開始。Appトラッキングの透明性に関する不具合を修正
Recommendこんな記事も読まれています